新築の間取りで失敗、子供部屋は3畳もあれば充分だった

口コミ・体験談

子供部屋

投稿者:あさ

新築したときに子供が小さかったので、
子供部屋のことを重視していませんでした。

子供部屋は子供が大きくなると大変重要です。
大きい部屋だと勉強に集中できなくなるからです。

子供部屋は小さくて十分です。
小さい方がいいくらいです。
何でも工夫します。

遊びと勉強を切り替えることができるのです。
3畳もあればいいでしょう。
これだけあれば大きいです。
ちょうどこじんまりしていていいのです。

家を建てるときに重視したのは、引き戸です。
引き戸でなければ、開けられません。
ドアだと、ばたりと閉まると、親が部屋の外から
開けることができないのです。

いつも子供を気にかけることができるように
引き戸にして正解でした。

また、カラーブラインドを窓につけているのも
キレイに見えます。



どんな生活をさせたいのかで子供部屋の間取りを決める

どうも、tomoです。

今回の体験談では、子供部屋のことをあまり考えずに大きくしてしまって、勉強に集中できない部屋になってしまったという話でした。

新築で家を建てる時って子供部屋の間取りをどうするかで悩みますよね。

子供部屋の間取りとしては、だいたいこの4つに別れます。

  • 子供部屋を作らない
  • 小さな子供部屋を作る
  • 大きな子供部屋を作る
  • 大きな子供部屋を作って、間仕切りで部屋を分けられるようにする

どのような間取りにするにしても、子供たちにどんな生活をしてほしいかが重要です。

子供とのコミュニケーションを重視するなら、子供部屋を作らないという考え方もありますし、子供部屋を作らずに、フリースペースやファミリースペースを作る方法もあります。

子供部屋は寝るだけの狭い部屋にすれば、部屋が窮屈なので、広い場所で遊びたいときは広いリビングなどに出てきます。

大きな部屋にすれば、遊び場にすることもできるし、子供の荷物を一部屋にまとめることができます。

部屋を小さくするのも大きくするのもそれぞれメリット・デメリットはありますが、子供が小さい時、小学生になり、中学、高校、大学、そして、社会人になった時にどんな生活をさせたいかを考えておけば後悔することはなくなります。

わたしとしては、親の都合だけでなく、子供が部屋に対してどんな希望を持つかわからないので、大きな部屋を作って収納棚で間仕切りができる間取りにしておくのが一番良いと思います。

最初から子供部屋として部屋を小さく分けるのも良いですが、子供が家を出ていった後のことを考えると、小さな部屋がたくさんあると掃除が面倒になりそうですから。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ