投稿者:ゆりな

猫が3匹いるので、完全に猫仕様の家にしました。
当初は、注文住宅だからこそ、色々な仕掛けを作ろうと思い、
お金もかけ、時間もかけて打ち合わせも重ねていきました。

でも、そういう家にしてしまうと
将来的に人に売ったり貸したりする時に価値が下がると聞き、
確かにそうだと思いました。

カタログを見て、素敵だと思って作ったニッチなども、
実際には埃も溜まりやすく実用的ではありません。

ニッチには大理石や照明も付けましたが、
自己満足以外の何物でもなかったと思います。

注文住宅では、あまり個性を出し過ぎても、
後々困るということに、もっと早く気付いていれば
シンプルに仕上げてもらったと思います。

営業の方も、利益につながるようなことばかり
言っていたように感じました。

個性と実用性のどちらを重視するか?

どうも、tomoです。

注文住宅は自分の好きなように建てることが魅力の1つですが、個性を出しすぎると売却時などに売りにくくなるとはよく言われますね。

それをわかった上で個性のある家を建てるなら問題ないですが、そのことに気付かずに家を建てると後悔するかもしれません。

家づくりだけでなく何でもそうですが、決めるときにメリット・デメリットを確認しておくことです。

初めての新築だとわからないことだらけで、住宅会社の担当者からアドバイスをもらいながら家を建てると思います。

そのときの担当者のアドバイス次第で家の完成度や住心地が全く違うものに変わることがあるので、ハウスメーカー選びと同じくらい、担当者選びも重要です。

個性と実用性は両立できないと思われがちですが、経験豊富な設計者なら良いアイデアがあるかもしれないので、複数の設計者に相談してみるのも良いと思います。

ハウスメーカーに見積もりをお願いすると間取りの提案ももらえるので、無料で比較することができるので、住宅会社選びのときには、複数の住宅会社を比較したほうが良いです。

比較するときは、見積価格やパンフレットだけでなく、間取りの提案力や担当者の対応もしっかりとチェックしておきましょう。