門柱が打合せとは全然違う色と塗り方に

口コミ・体験談

投稿者:a-k-ko

去年の4月に入居した我が家のことです。

一昨年の10月から3か月あまり、ほぼ毎日のように業者さんと打ち合わせをして間取りや仕様全てが思い描いていたマイホーム計画。

以前はマンション住まいであったため、戸建てをもし購入したらこんなことしたい、あんなことしたいと胸を膨らませていました。

そして、いよいよ棟上げが1月の末日。
冬の寒い日でした。

ここがこれから住む我が家の第一歩と期待が膨らみ、毎日のように朝の10時と昼の3時に大工さんにお茶を運びに行きました。

以前住んでいたところから自転車で10分くらいの距離のところでしたが、引っ越し準備もしながらの2往復。

真冬の時期であったため、缶コーヒーを湯煎し毎日毎日届けに行き進捗状況をチェックし大工さんとも仲良くなり、どんどん完成していく我が家をウキウキしながら待ち望んでいました。

そして、4月初旬に完成。
思っていた以上の素敵な家が出来上がりました。

ところが…
ひょんなことから思わぬ落とし穴。

家のことで頭がいっぱいで外構に関しては大工さんや不動産業者さんの提案に沿った返事をしてしまいました。

全て丸投げをしたわけではないのですが、「○と△とどちらがいいですか?」と聞かれても「まあ、どっちでもいいかな~?どちらかと言えば○。」

みたいに適当な返事をしたこともありました。
ただ拘ったところはとことん拘ったのですが…。

そして外構工事が始まりましたが、その頃は既に家は完成し入居をしていたので、荷物の荷解きなどで時間もあっという間に過ぎ、自宅前で工事をしているにも関わらず念入りに工事の現場を見ることがありませんでした。

外構工事をしてくださった大工さんとはコミュニケーションをほとんどとっていなかった上に適当な返事…そのツケが回ってきました。

たまたま工事を外出中にされていたのですが、帰宅をすると似るに似つけない状態で出来上がってしまったのです。
唖然としました。

その部分とは門柱の色と塗りです。
打ち合わせとは全然違う色と塗り方になっていたのです。
門柱は家の顔。そこは大事とかなり拘っていたのですが…。

もちろん私たちは抗議をし、後日取り壊しをして作り変えてもらいました。

家を建てる時は、最後の最後まで気を抜けてはいけませんね。

反省です。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ