HOCOLIFE

「家が欲しい」家づくり初心者に教えたい注文住宅で失敗しないための知識と体験談

「雨楽な家」として完成見学会が開催されました。

見学会の駐車場の状態

先日、我が家の完成見学会が開催されました。

見学会は土日でしたが、駐車場のコンクリートが火曜日くらいの工事だったので乾くのかちょっと心配してました。

前々日の駐車場はこんな感じ。
手前にちょっとだけ白いところがあります。

駐車場の状態01

前日の駐車場はこんな感じで、白く乾燥しているところが少し広がってます。

駐車場の状態02

で、完成会当日はテントと「雨楽な家」のノボリが立てられていました。

完成見学会

駐車場のコンクリートは完全には乾いてなく黒っぽいところもありますが、人が乗っても大丈夫みたいです。

見学会の駐車場の状態

家の玄関に続く駐車場の道にはブルーシートが引かれてました。

玄関のブルーシート

映画のレッドカーペットと比べるといかにも建築現場って感じです。

家の中はまた別の機会に紹介しますが、前回見に来たときから変わったところがスッキリポールにテレビのアンテナが付いてました。

スッキリポールのアンテナ

BS用のアンテナも付いてますが、BSを見る予定はないし、お願いもしていなかったので電気工事の人が間違えて付けてしまったようです。
後で取り外してもらうことになりました。

他にはスッキリポールのボックスの中に電気メーターが取り付けられてました。

スッキリポールの電気メーター

残りの工事としては家の外観は縁側と庭、中は照明や電気関係手すりなど細々としたもので、引渡後にも工事ができそうなものだけになりました。

予定よりだいぶ遅れましたが7月には引渡になりそうです。

完成見学会は土日の2日間の開催で、私たちは土曜日の午後に行きましたが既に10組の訪問があったみたいです。

家の場所が住宅地の道も狭いところで初めて来る人にはわかりづらい場所なのでそんなに人は来ないかと思ってました。

しかし、新聞に完成見学会の広告チラシも入れたということで、けっこう人がきたみたいです。

我が家を見て「雨楽な家」で建てたいと思う人がいたら、うれしいですね。

同じ住宅性能で建築費用が安いのはどっち?

高性能住宅は費用が高いのが常識。

だけど、大手ハウスメーカーと同程度の性能で200万円以上安い住宅会社があったら?

実はそんなことがありえるのが建築業界です。

200万円あったら、システムキッチンやシステムバスをワンランク上にすることだって余裕ですし、部屋をホームシアターにするプロジェクターの設置だってできます。

注文住宅を安く建てるなら見積りを比較することは絶対にやっておくべきです。

手間はかかりますが、やって損をすることはありませんし、やらなかった方が家を買ってから後悔する可能性が高いです。

見積もりをもらうのが面倒な場合は、こちらの一括見積もりを使うと簡単です。

↓↓↓