HOCOLIFE

「家が欲しい」家づくり初心者に教えたい注文住宅で失敗しないための知識と体験談

低価格でハウスメーカーで建てたら欠陥だらけで何ヶ月も手直しばかり

新築注文住宅の体験談・失敗談

投稿者:まろん

ハウスメーカーで建てたのですが、予算をこれぐらいでと
無理を通したためか、できてみると、いたるところに不備がありました。

押し入れの中の板がホッチキスで留めているようなのですが、
何か所も止まっていなくて、ベロンと外れていたり、
トイレの壁に作ったニッチの底の面にひびが入っていたり、
玄関のタイルが何カ所か浮いていたり、
ドアの底がきれいに処理されていなくて、
床を拭くとドアの底のバリにひっかかるという感じだったり、
自動でゆっくり閉まるはずのスライディングドアが途中で止まったり、
サッシの枠のペンキが剥げていたり、
階段の手すりをすすめられてつけたのですが、
その手すりの下側に、ガサガサのコンクリートが何故かついていたり、
網戸の調子が悪かったり等でした。

住み始めてからも、何ヶ月も手直しをしてもらいました。
ローンは始まり、完成はしていなくて、契約違反だと思いました。

手直しをお願いするこちらもその対応に疲れるし、
自分で見つけないとそのままになっているので本当に疲れました。

安くて良い家よりも、安くて悪い家の方が多い

どうも、tomoです。

今回の体験談は、ハウスメーカーに低価格で建築を依頼したら、手抜きや欠陥が多くて安心して暮らせないというお話でした。

わたしが建てた新築がこんなふうに欠陥だらけだったら、ずっと後悔して眠れなくなりそう。

1000万円台の住宅は低価格住宅と言われますが、安い家がすべて欠陥住宅になるわけじゃないです。

数が少なくてなかなか見つけられませんが、安くても良い家を建てる住宅会社はあります。

住宅費用が決まっているなら、最初にハウスメーカーを見に行ったとき予算を伝えて無理な注文にならないかを聞いておいた方が良いですね。

そのハウスメーカーの相場からあまりにも予算が低ければ注文を受けないと思いますが、ノルマ達成のために無理な注文を受けられると今回のような手抜き工事をされる可能性もあるので要注意です。

手抜き工事にならない適正価格を調べるには、他のハウスメーカーからも見積もりをもらって相見積もりをすることをオススメします。

相見積もりの会社は多ければ多いほど良いですが、あまり多いと打合せが大変なので、最低3社から見積もりをもらって比較しましょう。

比較するときは、価格だけでなく営業担当者の対応もしっかりしているか、提案力があるかも比較するようにしてください。

良い家づくりには価格も大切ですが、担当者の人格も欠かせません。

同じ住宅性能で建築費用が安いのはどっち?

高性能住宅は費用が高いのが常識。

だけど、大手ハウスメーカーと同程度の性能で200万円以上安い住宅会社があったら?

実はそんなことがありえるのが建築業界です。

200万円あったら、システムキッチンやシステムバスをワンランク上にすることだって余裕ですし、部屋をホームシアターにするプロジェクターの設置だってできます。

注文住宅を安く建てるなら見積りを比較することは絶対にやっておくべきです。

手間はかかりますが、やって損をすることはありませんし、やらなかった方が家を買ってから後悔する可能性が高いです。

見積もりをもらうのが面倒な場合は、こちらの一括見積もりを使うと簡単です。

↓↓↓