新築で悩んだ子供部屋の窓の大きさを間取りソフトで比較・検討

間取り

新築を建てる時に、子供部屋を2階にすると窓からの転落が気になりませんか?

我が家でも家を建てる時に子供部屋を2階にする間取りになったので、窓の大きさに悩みました。

どのくらいの窓の大きさなら安全なのかを間取ソフトを使って比較・検討してみたのでまとめてみました。



2階の窓の大きさを決めるポイント

2階の窓の大きさを決めるのに工務店の方から最初に提案された大きさは高さ970mmでした。

2階は子供部屋もあるので妻に窓の大きさについて相談してみました。

「今住んでいるアパートは2Fだけど窓の高さが1370mmあり、明るくて開放的なので大きい窓にしたい。」

ということでした。

わたしとしては窓が大きくなると落下の危険性もあるし、断熱効果も落ちて冬が寒くなるので小さい方が良いと思ってました。

そこで、間取りソフトのマイホームデザイナーを使って窓の大きさを比較してみることにしました。

間取りソフトを使って、窓の大きさをシミュレーション

まずは最初に工務店から提案された標準的な窓の大きさです。

■窓の高さ970mm 床からの高さ1050mm

窓の高さ970mm

これくらいの大きさでも十分明かりは取れそうです。

次は、今住んでいるアパートを同じ大きな窓にした場合です。

■高さ1370mm 床からの高さ650mm

窓の高さ1370mm

これは窓が大きいですね。

机の高さと比較するとかなり窓が大きいのがわかると思います。

大人は良いですが、小さな子供のことを考えると、やはり転落しそうで怖いです。

そこで間をとって中間の大きさの窓で作ってみました。

■高さ1170mm 床からの高さ850mm

窓の高さ1170mm

これなら、まあ落下の危険性はだいぶ改善されるし、明るさも取れるのでこの大きさに決まりました。

まとめ

窓の大きさを考えるのにショールームに行って検討したり、住んでいるアパートの窓を本で隠して比較しましたが、いまいちイメージしづらかったので間取ソフトがけっこう役立ちました。

間取りソフトをまだ使ったことがない人は便利なので一度使ってみてください。

→ 間取ソフトの紹介記事へ

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ