新築後にウッドデッキを設置して出入りする窓が不便で失敗

口コミ・体験談

ウッドデッキ

投稿者:かちゅ

五年前に家を建てたのですが、ここは失敗したな、
と思うところが幾つかありますので紹介します。

まず、庭にウッドデッキを新築後1年してから作ったのですが、
デッキに面する窓が、掃き出し窓と腰高窓の二つ。

両方共に掃き出し窓なら出入りも楽だし、
東側なので朝日も入って良かったかなと後悔している所。
これは将来のリフォームで出来るならしようと思っています。

2階の上に階段で上がる屋根の物置部屋を作ったのですが、
換気用と明かり取りの窓を付ければ良かったこと。
これは対処のしようがありませんでした。

住んで初めての冬の事ですが、エコキュートの容量不足でした。
四人家族なら380リットルクラスのものにすれば良かったこと。
(現在280クラス)
これも買い替えの時期が来たら検討する予定です。

ウッドデッキを設置したときの使い方

どうも、tomoです。

今回の体験談は新築後にウッドデッキをDIYで作ったけど、ウッドデッキに面する2つの部屋の1つの窓が腰窓だったので出入りが不便だった、小屋裏収納に窓を付けたかった、エコキュートの容量不足というお話でした。

小屋裏収納の窓以外はリフォームで対応できそうだということですが、最初からこうなるとわかっていれば、後からリフォームや買い替えをする必要はなかったということですね。

ウッドデッキは、新築するときに作るのではなく、後からDIYで作って費用を安くするという人もいると思います。

ただ、その場合ウッドデッキの大きさをどれくらいにするのかまでは考えないで工事を進めてしまうと、今回のように2部屋分のウッドデッキを作った時に不便を感じることになります。

DIYで後からウッドデッキを付ける場合も、新築する時にどこに設置するのかを決めておく、あるいは2部屋をまたいで設置するかもしれないので、新築時に「将来的にウッドデッキをDIYで付けるかもしれない。」とウッドデッキに設置したいことを設計者と相談をしておくと失敗を減らせるはずです。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ