キッチン

投稿者:フクフク

ダイニングと和室、どちらでも食事をとりやすくするために、
キッチンを真ん中にダイニング、和室と振り分けるタイプの
間取りにしました。

ところが、キッチンの料理の煙が和室にも直接いってしまい、
和室の壁にあっというまに臭いがしみついてしまいました。

ダイニングのほうは南向きで日当たりもいいし、
風通しもいいので臭いはそれほど気にならないのですが、
和室は北側で日当たりもそれほどよくなく
なんともいえない油臭さがとれないというか、
そんな感じになってしまったんです。

キッチンの真横に和室をつくったのですが、
これが失敗でした。

最初の頃は、今日は和室、明日はダイニングと
いろいろ気分を変えて食事していましたけど、
そのうちダイニングがメインになって、
和室を隣にする意味もなかったなと後悔しました。

もっと普通の間取り、つまりダイニングキッチンで、
ダイニングの隣に普通に和室がある部屋にすればよかった・・・
と思っています。

結局、リフォームすることになりました。

★オススメ記事★

注文住宅を安く建てる11の裏技

間取りを自由に決められるメリットは、デメリットでもある

どうも、tomoです。

今回の体験談は、キッチンの隣に和室を作った結果、
料理の匂いがついてしまい、リフォームまですることになった話でした。

注文住宅のメリットは、建売や規格型住宅のように制限なく自由に間取りを決めらることです。
間取りを作っているときは、こうしたい、ああしたい、といろいろ考えられて楽しいですが、
実際に住んでみると今回のように失敗することがあります。

実際に生活してみないとその間取りの使いやすさが想像できないのは、
自由設計のデメリットといえます。

自分で間取りを考えるときは、大手ハウスメーカーなどの間取りを参考にすると良いです。

大手ハウスメーカーは、顧客の意見を聞いて、これまでに何千件という住宅を建ててきた実績があり、
誰もが住みやすい間取りを日々研究して作っています。

注文住宅で個性のある間取りを作れるのは魅力的ですが、
生活習慣が変わると暮らしづらい間取りになってしまうので
あまり個性的な間取りにするのは辞めておいたほうが良いです。

正直、間取りを考える時は、自分で考えるよりもプロの設計士に任せたほうが良いです。

もちろん、自分が考えた間取りを参考に作ってもらうのは良いですし、
自分の住みたい間取りを伝えて間取りを作ってもらいます。

あなたの希望をしっかり聞いて、間取りに反映させてくれる設計士さんを見つけるのが大切です。