外壁の色が見本帳で想像したものと全く違う。

口コミ・体験談

投稿者:pen2

新築住宅を建てたとき、失敗したことのひとつに「外壁の色」があります。

業者との話し合いの際に外壁の色見本帳を見せていただいたのですが、その見本帳で決定した色を実際に外壁に使用したところ、自分の思い描いていたものとは全くかけ離れたものとなってしまったのです。

本当はもっと淡いベージュを想像していたのですが、実際には「黄土色」の外壁に。

これには本当にショックを受けました。

外壁をもう一度塗り直すには手間もかかりますし、余分なお金もかかります。
一時は「我慢しよう」と自身に言い聞かせたのですが・・・

これから長い間この外壁を見て過ごさなければならないのかと何ともやりきれぬ思いに。

家族とも何度も話し合った結果、やはり塗り直していただこうということになりました。

これから数十年後再び家を新築するかどうか分かりませんけれども、もしもそういう機会のあったときには、今度は色見本帳で決める事はやめてみようと思います。

街中を業者と一緒に車で走り、好みの外壁を見つけ「あの家と同じようにお願いします」と伝える方が賢明かなと。

注文住宅で満足できる家を作るための3ステップ

注文住宅で良い家を建てるための3ステップ

>> 住宅カタログを無料で一括資料請求 <<

無料で間取りプランを複数もらえるサービス

>> 間取りプランを比較する <<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ