風水は占いというより先人の知恵

口コミ・体験談

家を建てるのは最初で最期だ。
25年ローンなので返済が終わる頃にはアラフィフだもの。
そう考えていたのでそりゃ間取りにはこだわりました。

せっかくですもの、良い運気をガンガン取り込みたいものです。
そこで旦那に相談し、まずは自分達で間取りを考えて設計士さんに図面をひいてもらい、それを占い師さんに見て頂く事になりました。

南東に玄関、東にリビング、北東にキッチン、西側に和室、北側にお風呂、真北に中庭が見えるアーチ型窓。
その西側にトイレがあります。
満足いく図面が出来ました。

設計図を携え、ドキドキしながら旦那が知り合いから紹介された占い師さん宅に到着です。
畳に頭を擦り付け「よろしくお願い致します」とテーブルにパラリと設計図を広げました。

占い師さんは白い長いヒゲを撫でながら「なるなど、良く勉強されましたな」と言い、おもむろに鉛筆を取り出すと気になる箇所に丸を付けていきました。

まずはキッチン、そして西側の和室にある大きな出窓、玄関正面にある中庭です。

北東にキッチンがあると主婦が病気がちになり、西側に出窓があるとお金が出ていきやすくなる。

真北にある凹みは欠けとなり旦那が単身赴任になるなど家に居られなくなるそうです。

そこで打開策を授けて頂きました。
キッチンに立つのはなるべく昼間にして、西側の出窓には厚目のカーテンを引く。

北の欠けには白い花の咲く樹を植えなさい。
と言われました。

実際キッチンは寒くて食事は昼間のうちに作ってしまうのが一番ですし、西側は日差しが強くて家具が痛みますからカーテンをひく時間が長いです。

北にはハナミズキを植えましたが、玄関を開けると正面に美しい風景がまるで一番の絵のように映えます。

風水というのは占いというより先人からの豊かに暮らすためのアドバイスに感じました。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ