HOCOLIFE 家族を幸せにする家づくり

家づくり初心者が失敗しないための知識や体験談、家事や育児に役立つことを書いてます。

風水は占いというより先人の知恵、生活を豊かにするアドバイス

新築注文住宅の体験談・失敗談

家を建てるのは最初で最期だ。
25年ローンなので返済が終わる頃にはアラフィフだもの。
そう考えていたのでそりゃ間取りにはこだわりました。

せっかくですもの、良い運気をガンガン取り込みたいものです。
そこで旦那に相談し、まずは自分達で間取りを考えて設計士さんに
図面をひいてもらい、それを占い師さんに見て頂く事になりました。

南東に玄関、東にリビング、北東にキッチン、
西側に和室、北側にお風呂、真北に中庭が見えるアーチ型窓。
その西側にトイレがあります。
満足いく図面が出来ました。

設計図を携え、ドキドキしながら
旦那が知り合いから紹介された占い師さん宅に到着です。
畳に頭を擦り付け「よろしくお願い致します」と
テーブルにパラリと設計図を広げました。

占い師さんは白い長いヒゲを撫でながら
「なるなど、良く勉強されましたな」と言い、
おもむろに鉛筆を取り出すと気になる箇所に
丸を付けていきました。

まずはキッチン、そして西側の和室にある大きな出窓、
玄関正面にある中庭です。

北東にキッチンがあると主婦が病気がちになり、
西側に出窓があるとお金が出ていきやすくなる。

真北にある凹みは欠けとなり旦那が単身赴任になるなど
家に居られなくなるそうです。

そこで打開策を授けて頂きました。
キッチンに立つのはなるべく昼間にして、
西側の出窓には厚目のカーテンを引く。

北の欠けには白い花の咲く樹を植えなさい。
と言われました。

実際キッチンは寒くて食事は昼間のうちに
作ってしまうのが一番ですし、西側は日差しが強くて
家具が痛みますからカーテンをひく時間が長いです。

北にはハナミズキを植えましたが、
玄関を開けると正面に美しい風景が
まるで一番の絵のように映えます。

風水というのは占いというより
先人からの豊かに暮らすためのアドバイスに感じました。

間取りで優先すべきポイント

どうも、tomoです。

今回は、間取りを決めるときに風水の先生に見てもらったという体験談でした。

間取りを決めるときに風水を気にする人がいますよね。

単純に占い好きってこともあるかもしれませんが、風水は長い歴史の中から生まれた統計学なので、家の間取りについても信頼性があると思ってます。

ただ、風水にこだわってしまうのは良くなくて、ちゃんと立地条件を考慮しないといけません。

家の周りを住宅で囲われて日差しが殆ど入らないような旗竿地と、田舎で見渡す限り田んぼの家が同じ間取りでよいはずがありませんからね。

間取りを作るときは、風水だけでなく、色々な間取りを比べてそれぞれの良いとこ取りをするのが一番です。

後悔のない間取りを作るためには、できるだけ時間をかけてプロの意見をしっかり聞くようにしてください。