住宅を購入しようと思ったら、まず一戸建てにするか
マンションにするかで悩むと思います。

一戸建ての場合は土地を決めてから住宅を購入したりと
土地と住宅を別に考えられるので自由度が高いです。
自由度が高い分、悩みどころも多くなります。

一戸建ての良いところは改修などが
自由にできるところだと思います。

マンションで改修しようとした場合は
同じマンションの住人と相談して同意を
得る必要があるので面倒です。

マンションの場合だと土地の購入を考える必要はなく
ここにマンションを建てるので購入希望者はいますか?
みたいな建売りが基本なので希望に合うマンションを
探すだけなので一戸建てよりも悩みどころは少ないように
感じます。

ただ、マンションの場合、一戸建てとは違いエレベーターや
自動ドアなどの管理・維持費を支払う必要があるので
マンションを購入したとしても家賃を払っているような
感覚になります。

マンションが一戸建てよりも有利だと思う点は
賃貸で貸し出したり売却が一戸建てよりも容易な所だと思います。

一戸建てとマンションでそれぞれ一長一短あると思うので
それぞれの特徴について調べてみるのもおもしろそうです。