不動産取得税についてのお知らせ

「不動産取得税についてのお知らせ」という「納税通知書」が県税事務所から届きました。

土地を購入したので税金が課税されるということで不動産取得税は土地や家屋を取得したときに1度だけ納める税金と書かれています。

今回購入した土地は新築のために購入したものなので「不動産所得税の軽減制度」というものを適用できるみたいです。

説明を読んでみると新築を建てるために購入した土地の場合は42,000円が控除されると書かれていました。

納税予定額が60,000円くらいなので納税額が18,000円程度になるのでこの控除はけっこう大きいです。

ただ、この控除を受けるためには納税通知書が届いてから県税事務所へ申請をしないと受けられないので忘れずに届け出る必要があります。

「不動産所得税」は購入したときに一度だけですが「固定資産税」は毎年払う必要があるのも忘れてはなりません。

住宅を購入して家賃を払わなくて良くなったと思ったら家賃の変わりに税金を納める必要が出てくるとは。

感覚的には不動産屋へ払っていた家賃を国へ払っているようなものなので、家を持っても結局お金がかかるってことですね。