宅内LAN

新築住宅を建てるときにインターネットがすべての部屋でできるように宅内LANを設置しようかと検討しています。

わたしはすべての部屋にLANを入れたいと思っているのですが家族はネットをほとんど使わないし、今では無線LANでネットができるから、無駄に費用をかけたくないと反対されています。

将来的に部屋の使い方が変わることや無線では1階から2階へ電波が届きにくいので、使い回しがしやすいようにしたいと説明しても、すべての部屋に入れることにはなかなか納得してもらえませんでした。

たしかに、現時点では必要性がないというのはわかりますがこの先どういう使い方をするかがわからないので将来の利便性も考えるとあった方が良いと個人的には思ってます。

費用がかかるというのもLANケーブルの配線まで依頼するとケーブルの費用もあるので、けっこうな金額になりそうですが配線をせずに配管だけして置いてもらうと費用も安いし、将来配線するときに配線作業をお願いするだけで良いのでかなり安く施行できます。

ちょっと手間はかかりますが、配管が通っていればLANケーブルの配線は自分でやるという方法もあります。

調べてみましたが、LANケーブルの配線作業は、けっこうやっている人がいるので作業が手間でないなら、自分でやってしまうのも良いと思います。

配管工事だけならそれほど費用もかからないようなので、配管工事だけはお願いしようと思いますが、すべての部屋に配管を通すのは家族の反対で無理そうです。

配管をすべての部屋に設置できないとしても、情報分電盤の設置をすることは理解してもらえたのでケーブルテレビや光インターネットに切り替えたとしても簡単に機器を変えられます。