間取で決めた階段の勾配やロフト、大黒柱が
どんな風になっているのかを確認するために千葉にある
「雨楽な家」のモデルハウスに行ってきました。

千葉のモデルハウスの階段は1間半で
私たちが作成した間取と同じなので上りにくくないか
確認しました。

モデルハウスの階段はこんな感じになってます。

階段

横から見るとこれくらいの勾配になります。

階段の勾配

実際に上ってみると手すりもあるので
そんなに急で上りにくいということはありませんでした。

ロフトの設置も考え始めたので実際に上って
ハシゴの上り下りやロフトの天井の高さを確認しました。

ロフトの入り口はこんな感じです。

ロフト入り口

ロフトの天井がけっこう低くて立てないので
しゃがんで移動する感じです。

ロフトの中

ロフトから下りるハシゴを見ると
けっこう高くて怖いです。

ロフトのはしご

大黒柱もあったので、普通の4寸の柱とどれくらい
太さが違うのかを確認することができました。

右の柱が4寸(12cm)で標準の柱で
左の柱がたしか7寸(21cm)だったと思います。

大黒柱の比較

大黒柱の太さは6寸(18cm)〜8寸(24cm)から
選べると言ってました。

「雨楽な家」を見終わった後には向かい側にある
ヤマハリビングテックのショールームへ行って
キッチンを見てきました。

ここまでで11時くらいになったので
お昼を「びっくりドンキー」でおいしいハンバーグを
食べました。

それから、パナソニック、リクシル、ウッドワンと
ショールームを巡って帰ってきました。

この日だけで5カ所のショールームに行きました。
一カ所にいる時間は短かったですが、これだけ行くと
やはり疲れました。

「雨楽な家」のモデルハウスを見れたので
だいぶ間取をイメージすることができました。
たぶん、またモデルハウスには行くと思います。