家の中に家庭内LANの配線をする方法としては有線LANと無線LANがあります。
新築の場合と既存住宅の場合では、選択できる配線方法に違いがあるので
どのような方法があるのか少し整理しておこうと思います。

新築の家庭でLAN配線をするのにオススメな方法

これから新築をする場合はLANケーブルが部屋の中で見えないように
壁の中を通すためにLAN用の配管を作ると良いです。

最近では、無線LANもだいぶ進化してきたので2階建てくらいなら
有線ケーブルを配管に通さなくても快適にネットに繋げることも多いです。

しかし、実際に家を建ててみたら、無線LANの電波が2階には届きづらく
途中に中継機を置かないとネットができないこともあります。

なので、無線LANをメインに使うとしても、2階の1室くらいは
有線LANを通せる空配管を設置しておくと、もし、無線LANが繋がらないときは
リスク回避になるのでオススメです。

既存の住宅で家庭内LAN配線をするのにオススメな方法

既に住んでいる住宅でインターネット契約をしてLAN配線をする場合、
有線LANでパソコンに接続することが多くなります。

その場合、ルーターからパソコンまでのLANケーブルが部屋の床や壁に
沿って見えることになります。

ルーターからパソコンまでの距離が近いなら、
LANケーブルが目立つことはほとんどないですが、部屋の反対側にあったり、
別の部屋にパソコンがある場合は、ドアが閉まらなくなるなど
ケーブル配線に苦労することになります。

LANケーブルを目立たないようにする方法として、
壁に穴をあけてLAN配線を通すやり方もありますが、
業者に頼むとけっこうな費用がかかりますし、
賃貸住宅だと穴をあけることはできません。

なので、既存住宅でパソコンが近くにない場合でLAN配線をするなら、
無線LANを利用するのが一番簡単です。

昔は無線LANの設定は複雑で素人には無理だろってことがありましたが、
今ではボタン一つで設定が完了するのでパソコンに詳しくない人でも
簡単に無線LANの設定ができます。

どうやって家庭で無線LANを使えるようにするのか?

ほとんどのインターネットプロバイダでは、無線LANを使いたい場合は
オプションとなっていて、通常料金とは別に無線LANを利用すると
毎月500円程度かかります。

ただ、これはプロバイダで無線LANルーターをレンタルするから
追加料金がかかるわけです。

光回線の月額が約5,300円程度なので、これに無線LAN(500円)を追加すると
月額5,800円、電話回線も追加すると月額6,300円になります。

プロバイダの中には、「NURO 光」のように
高速無線LAN込で月額4,743円となっており、電話回線を追加しても
月額5,500円を超えないものもあります。

光回線を安く使いたいなら、「NURO 光」がオススメです。
詳細はこちら → NURO 光

でも、他のプロバイダでも、この無線LANルーターをレンタルせずに
自分で購入してしまえば、毎月500円の費用がかけずに無線LANを
使うことができます。

無線LANルーターは5,000円程度で購入できるので
インターネットを1年以上使うなら、プロバイダで無線LANルーターを
レンタルする費用よりも安く購入できます。

わたしもプロバイダとは無線LANなしで契約をして、
無線LANルーター「NEC AtermWG600HP」を後から購入して
使っています。

■購入した無線LANルーター

日本電気 AtermWG600HP PA-WG600HP

なぜこのルーターを選んだかというと、
NEC製の無線LANルーターが評判が高かったのでこれを購入しました。
いまでは新製品が発売されているので、もっと良いものがあると思います。

楽天市場で「無線LANルーター」を検索すると色々出てきますが、
わたしが買うなら、やはりNEC製を購入します。

無線LANルーターを探す → こちらをクリック

家庭内LANの配線に悩んでいるなら、無線LANにすると
ゲーブル配線の悩みがなくなり、見た目も心もスッキリするので
無線LANを検討してみてください。