2015年6月15日のクラピアの様子を撮影しました。
前回のクラピアを撮影したときに花が一面に咲いたと書きましたが
今回の撮影時と比べると全然一面じゃなかったです。

■南側(6月15日撮影)
6月15日南側のクラピア

これが一面に咲いたと言える状態だと思います。
花が咲いた白い部分が緑よりも目立ってます。

6月15日クラピア拡大

実際には緑の葉っぱの方が面積は広いんですが
白い花の方が存在感がありますね。
花の色は正確には白ではなく薄いピンクですけどね。

■東側(6月15日撮影)
6月15日東側のクラピア

東側の細い通路側のクラピアも朝日が当たるのでそこそこ育ってます。
相変わらずスギナがたくさん生えていて雑草取りが大変です。

■北側(6月15日撮影)
6月15日北側のクラピア

北側のクラピアはやはり日が当たる時間が短いので花の量も少ないです。

クラピアは花が咲くとは知ってましたが、思ったよりもたくさん花が咲いて
緑の絨毯ではなくなってしまったのでちょっとガッカリです。

花が咲くとハチが来るとも書かれていましたが、本当にハチがきますね。
普通に見ただけでも3匹つらいはすぐに見つかるくらいたくさんきます。

しかも、クラピアの植えたところをよく見ていると土の山が2つほど
できているのに気付きました。

蜂の巣1

蜂の巣2

なんだこれ?っと思ってみていたら山の上に穴が開いていて
そこからハチが出てきました。どうやらハチが穴を掘って
巣を作ってしまったようです。

ハチがくるのは仕方がないけど、ハチの巣までできてしまうと
庭で蜂に刺されるかもしれないのでちょっと怖い。
蜂の巣は様子を見て、危なそうだったら駆除しようと思います。

——————————————————————–
メモ書き
——————————————————————–

わたしが庭に植栽したクラピアの品種はk5です。
クラピアk5の特徴をメモ書きしときます。

■クラピアk5の特徴
・増殖スピードが速く、芝の約10倍の速度で広がります。
・芝生に比べて横に伸びて草丈が低いので草刈りの手間が減ります。
・被覆密度が高く、雑草の侵入を抑えることができます。
・人が踏んでも大丈夫で、踏まれると更に緻密に繁茂します。
・小さな花が咲きますが、花の量はS1の半分ほどです。
・K5はS1より耐寒性があり、緑が長く楽しめます。

わたしが購入したのは楽天市場のこのお店です。
植栽時期が終わると販売中止になります。
日光種苗