君津市の工務店「きりんホーム」の
完成見学会に行ったときに風水セミナーを
やっていると聞いたので参加してきました。

きりんホームは本社が「むてんか村」という
モデルハウスと事業所が一緒になっている広い
敷地に建っていました。

敷地内には畑や池、広い庭があり
鶏やウサギ、猫が放し飼いされていました。

ただ、敷地が広いのは良いのですが
場所がけっこう山沿いの深い場所にあるので
はじめて行くときには迷うかもしれません。

セミナーはまず良い家とはどういうものか?
日本の住宅がなぜ26年しか持たないのか?
などの住宅に関する第1部がありました。

休憩を挟んだ第2部では風水を元にした
土地や間取の話でした。

ここで紹介された風水は占い的なものではなく
統計学を元にした風水ということでした。

風水に当てはめると外れることもあるが
当てはまることが多いという話でした。

セミナーで話していたのは
主にこういう場所の土地は良くないとか
この部屋は入らない方が良いとか
風水で良くない家に住んでいた事例などを
紹介されました。

悪い事例ばかりを紹介されたのですが
家を建ててしまった後にこの部屋には入らない方が
良いとか言われても困るだろうなっと
思いながら聞いてました。

こういう悪い事例ばかりを聞いていると
自分がこれから建てる家も心配になってしまいます。

風水にしばられて家を建てると
住みづらい家になるので、家を建てるときは
風水の良いところと住み易さを合わせて
間取を考えたいと思いました。

購入を考えている土地についても
見てもらえるということだったのですが
今回はセミナーが長くなったので
また次回にみてもらうことになりました。