住宅設備でもっとも使用頻度が高く使い心地が
重要になるキッチンがついに設置されました。

工事がノビノビでいったいいつになったら
キッチンが付くのかと内心ではちょっとイラついてましたが
やっと設置されました。

設置することにしたキッチンは天然木を使った
ウッドワンのシステムキッチンです。
妻の趣味で可愛らしい感じのキッチンになってます。

キッチンを取付ける前はこんな感じでした。
設置前のトイレなどの住宅設備が置かれてます。

キッチン設置前

ここにキッチンが置かれて、こんな感じになりました。

キッチン設置後

見事にキッチンが取付けられてます。
キッチン部分の壁がキッチンパネルで覆われたので
一気に完成に近づきました。

背面収納部分も取付けられました。
取付ける前の背面はこんな感じでした。

収納庫設置前

ここに収納戸棚がついて、こんな感じになりました。

収納庫設置後

こちらも良い感じで設置されました。
こちらの壁もキッチンパネルが張られているので
鏡のようにテカテカしてますね。

キッチンはどのメーカーにするか、背面収納を付けるか
など、ギリギリまで話し合いをして決めたので
キレイに収まって良かったです。

後、細かなところで気になったところとして
天井に和紙が貼られたのですが、和紙のつなぎ目部分が
重なっているため白い線のようになっていて
けっこう目立ちます。

天井の和紙

天井に貼る和紙が白い和紙だから色が透けやすい
ってことみたいです。
このラインが気になるので和紙を上から違う色で
張り直すか検討中です。

他にはベランダから見える1階の屋根の
瓦のてっぺん部分の溶接部分みたいなところとか
瓦を押さえる針金が部分が気になります。

屋根瓦

ベランダに出るとよく目につく場所なので
工務店に相談してますが、これは構造的に
見えないようにはできそうにないですね。

他には内壁が漆喰の下地が塗り終わって
乾かしてる状態で、2階の部屋にこれから塗る
漆喰の袋が置かれていました。

富士川の白い壁

使われる漆喰は「富士川の白い壁」ですね。
袋が置いてあるので、もう少し下地を乾燥させたら
漆喰を塗り始める感じだと思います。

まだ外構も終わってないし、電気関係や
建具の襖や畳、フローリングなどがまだこれからです。

引渡は5月末の予定でしたが、一ヶ月ほど延びて
6月下旬頃になりそうです。
まあ、遅くても7月には完成すると思います。