建売住宅の間取りで後悔したこと

投稿者:あさ

新築を購入して、残念だったことは、やはり、間取りの失敗です。

我が家は建売の木造3階建ですが、1階の半分が駐車場になっています。

そのスペースが狭く、駐車しづらいという点です。

小型車なら良いのですが、大型車は少し前の部分が屋根から出てしまいます。

1階に和室があるのも困りました。

そこにはピアノを置くので、洋室の方がよかったです。

しかも6畳分きっちりあるので、そこを洋室にして駐車スペースを広くするのが、ベストでした。

更に、引き戸が一つもなく、ドアの開け閉め時に大きな音がするのも困りました。

3階は個室思考で作られており、広く1フロアで使えないのも残念でした。

建売なので仕方がないのですが、購入してみて感じたことです。



実際に住んだときの生活をイメージできなかった

どうも、tomoです。

今回は建売の家を購入して住んでみたら、使いにくい間取りだったという失敗談です。

住宅を購入したら、これまでよりも使い勝手や住み心地が良くなると期待すると思います。

しかし、間取りを作っているときや家に住み始める前までは、住みやすいと思っていた間取りも実際に住んでみると使いにくかったりします。

今回の話では、駐車場への駐車がしにくかったり、大型車だと前の部分が屋根からはみ出してしまうなどです。

こういう失敗は購入する前にはなかなか気づけないものです。

建売なので駐車場の大きさを購入する前に見ていると思いますが、実際に車を駐車場に入れるようなことをする人はほとんどいません。
大抵の場合は、駐車場に何台車を駐めるスペースがあるかを確認したら安心してしまうと思います。

このときに、駐車場のスペースが狭いことや大型車だと屋根からはみ出すことを知っていたら、この家を購入してから後悔することはなかったかもしれません。

家を買って失敗したと思う一番の理由は、家に住み始めてから知らなかったことに気づくことです。

建売住宅の場合は、購入する前に完成した家を見ることができるので、注文住宅よりも失敗することは少ないですが、よく調べずに購入してしまうと後悔するので、よく確認しておきましょう。