「2階トイレの排水管は外配管で良いんですよね?」

「えっ、2階トイレの排水管って外配管なんですか!」

まさか家を建て始めてから、こんなことをいわれるとは思いませんでした。

「2階トイレの排水管が外配管だと外観が悪いのでなんとかしたい!
 どう対処すれば良いの?」

と、外配管にしない方法を工務店や家族と相談しましたが、結局は「外配管」にすることにしました。

なぜ、外配管にすることにしたのか、その理由を書いていきたいと思います。

もし、あなたの建てる家でトイレの排水管が思いがけず外配管になっていたときには参考になるかもしれません。



トイレの配管を内配管へ変更する依頼をしてみたけど

2階トイレの排水管が外配管になっているのに気が付いたときには、まだ外壁などの工事していませんでした。

このまま工事が進むと、外から帰ってきて家の玄関に入るまでに2階トイレの排水管が見えてしまいます。

玄関の近くに排水管があるというのは気持ちのよいものではないので、土台の基礎を作った後に排水管を室内にしてほしいと変更依頼をしました。

まずは、図面にしてからということで、その後、改めて2階トイレの排水管を内配管にした図面をもらいました。

すると、2階トイレの排水管を室内にするためのパイプスペースが必要になるので、2階トイレの広さが狭くなり、トイレの位置も前に移動してドアを開けて中に入ると便器にぶつかるような間取りになってしまいました。

2階トイレの下の部屋もパイプスペースのために狭くなっています。

もともとパイプスペースを設置することを考えていなかったので、不具合が出るのはしょうがないですが、実際に修正された図面を見てみるとすごく住みづらそうでした。

外配管のまま対処する方法

内配管の図面を見て家族と相談した結果、外観は悪くなりますが、住みやすさを重視して外配管のまま工事することにしました。

外配管にするけれど、なんとか目立たないようにする方法はないかと検討することにしました。

ネットでトイレの排水管を外に出した例などを調べたり、近場の住宅で外配管されたものを見たり、いろいろ調べた結果、対策として3つの方法が見つかりました。

  • 外にパイプスペース作って壁で覆う
  • 外配管を化粧ケースで覆う
  • 外配管の色を目立たない色にする

これらの方法を検討して、見た目や価格を考えて配管パイプの色を外壁や窓枠に合わせて、目立たない色にすることにしました。

まとめ

2階トイレの排水管を外配管にするか、内配管にするかで悩むことってほとんどないと思います。
なぜなら、ほとんどの場合は、何も言わなくても内配管になっているからです。

わたしの場合は工務店での注文住宅だったこともあり、トイレの排水管がどうなるかなんて全く考えていませんでした。
初めての家づくりではなかなか気づかないこともあるので、家を建てるときには見落としがないかしっかり確認した方が良いですね。