2階トイレの間取に問題があり床排水できない?!

我が家の新築体験談

現場を確認してきたら、土台の外枠が外れてました。

基礎の外枠が外れました

内側の枠はまだ外れてないですが近いうちに外れるでしょう。

数日前に打合せをしましたが、基礎工事はもうほとんど終わりというところまできてちょっと問題が発生しました。

2階のトイレの排水管について工務店から「トイレの排水管は壁排水になって外壁を通る外配管になりますが、良いですか?前に確認しましたっけ?」と聞いてきました。

外配管になるとはこれまで一度も聞いていないし、配管は壁に収まる物だとばかり思っていたので寝耳に水でした。

「聞いてないですよ。外配管になるんですか?」

「トイレの下に梁があるし、室内に配管する訳にはいきませんから」

「・・・そうですか。わかりました。」

そのときはわかったと答えたのですが、いまからじゃ変更できないですよね?
確認するなら間取作成のときに確認してほしかった。
などなど、なぜ土台を作ってから2階トイレの排水管が、外配管で良いか確認してくるのか内心では納得できませんでした。

外観をキレイに見えるように考えていたのに2階からトイレの太い排水管が見えたら、台無しです。

やはり、納得ができなかったので、その後に電話をして外壁に出さない方法がないのか検討してもらうことにしました。

数日後に2階の外壁からは排水管を通さずに、部屋の中にパイプラインを作って1階から排水管を出すという方法と、基礎の土台を少し削って排水管の一部が地面から出る2つを提案されました。

どちらにしても排水管は見える案ですが2階から地面まで続くよりはずっと良いです。

作った基礎を後から穴をあけるってのは、強度上問題がないとは言われても気分の良い物ではないので1階から排水管を出す方法にしてもらいました。

間取を作成する時点でこの2階の排水管のことに気づいていれば、排水管を全部見えないように基礎に埋めることができたと思うと残念でなりません。

注文住宅で家を建てるときにはこういう思いがけないことがあるんですね。
まさか、自分たちの家で間取の失敗談を話すことになるとは思ってもいませんでした。

施主はしっかりと勉強をして自分たちの間取でどこか不都合がないか、特に2階の給排水については工務店にしっかりと確認をしてもらうことが大切だと実感しました。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ