家を建てるための地盤改良工事がやっと始まった

我が家の新築体験談

地盤改良工事が必要だとわかってから約1ヶ月半が過ぎてやっと工事が始まりました。

当初の予定では昨日が工事開始日のはずだったのですが、雨天中止となってしまい、工事日が一日ずれ込みました。

この土地の地盤改良工事は「柱状改良」といって、工法としては「深層混合処理工法」で地中にコンクリートの柱を何本も埋めるというやり方です。
この工事は「地盤ネット」に提案された地盤改良工事です。

今回のこの建物では深さ5.5mの柱を全部で29本の柱を作ります。
ちょうど、この写真の棒がそれくらいある感じです。

地盤改良工事

もともと工務店側から提案された工事は、回転圧入工法(鋼管)というもので12mの柱を41本も打ちこむものでしたが「地盤ネット」にも見積りをお願いして見積り金額を比較しました。

■地盤改良工事の見積額
工務店側(回転圧入工法 鋼管杭41本):約160万円
地盤ネット(深層混合処理工法 改良本数29本):約85万円

見積り金額で比較するとこんな感じでだいたい半額になってます。
160万円の回転圧入工法の工事は固い地盤まで杭を打ち込むのでより安心だと思います。

とはいえ、地盤ネットの深層混合処理工法でも地盤保証は受けられるので、もし家を建てた後に地盤沈下なんてことになっても保証の面では安心なので安い深層混合処理工法を選びました。

ただ、見積りを両方に出してもらって比較するのに時間がかかったため工事日を決めるのはその分工期は遅くなった気がします。

現場に着いたときは工事が始まる前の準備中でした。
本当は1時間くらい工事を見ていこうかと思ったのですが、けっこう寒かったので工事が始まったのを確認して帰りました。

工事は今日を含めて2日間の予定なので明日の工事をまた見に行くつもりです。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ