住宅ローン体験談

投稿者:えり

3年間、幼稚園教諭として働いていました。

朝は5:30頃から夜は早くて19時までという生活で、プライベートの時間がなく転職を決意。

また、結婚をしたため妊娠した時のことを考え、体を動かしたり立ち仕事ではない事務職を探していました。

未経験で雇ってくれるところが無く、2か月の転職活動を経て無期雇用の派遣先に就職が決まりました。

そんな中、賃貸マンションに家賃を払っているという事実の馬鹿らしさを夫と共感し、実家の建直しを決意。

実家が3階建ての完全分離二世帯住宅でしたが、今は母のみが住んでいる状況。

夫の賛成もあり、母も同居し二世帯住宅を視野に入れハウスメーカーを比較していきました。

水回りを2つにすると値が大きくあがった為、一部同居型の二世帯住宅に決めました。

ハウスメーカーは、話を聞くたびどこも口をそろえて同じようなことを言ってきます。

・修繕費がかからない
・断熱性がある
・素材がいい等

その為、実際に何を信じたらいいかわからず、結局知り合いが務めているセキスイハイムに決めました。

理想をいれつつ、削れるところは削った結果、3900万で税を入れると4000万を超えました。

正直、だいぶ予算オーバーです。

しかし、住宅ローンのシミュレーションをしてくれ、変動金利でペアローンにしたら、この額の借り入れもできるし、月々9万でいけるという話でした。

セキスイハイムで、太陽光発電を取り入れた為、光熱費がほとんどかからないという話を信じると、今よりも結果安く済むと思い、購入することにしました。

現在は、家賃78000円、駐車場8800円、光熱費約1万なので、合計10万近く。

ただ、盲点がありました。

契約後にローンの審査になるということでしたが、大丈夫という言葉を信じましたが、結果として、なんと転職後すぐということと、派遣ということで審査が通りませんでした。

夫も転職して1年未満ということもあったかと思います。

そこで提示されたのが、フラット35でした。

でもこれは、固定金利になる為、シミュレーションをすると月々12万くらいになってしまいます。

それは無理だということを伝えると「何とか借り入れできる銀行がないか探すので時間をください」と言われました。

約2週間後、連絡がきましたが、やはり、どこも無理でした。

その理由として、私が保育士免許もあるのに事務をしているからという点も挙げられました。

免許があると、違う仕事をしちゃいけないと責められているようでした。

なんの事情も知らない人に、どうしてそんな事を言われなくてはいけないのだと泣きそうになりました。

そして、出された案がフラット50で借り入れをして、月々の額を少なくし、3年後くらいに夫の年収が上がったら借り換えをすれば、低金利の変動金利の銀行も見つかるという策でした。

子どもが産まれたら、幼稚園に入るまでは自分で見たいと常に言っていましたが、念のため夫に相談。

ペアローンで借りるのはいいけど、そんな長くは働かないと思うと伝えました。

すると夫は、自分も給料が上がる予定だから、1人ローンで借り換えしようと思っているよと言ってくれました。

保育園に入れることは絶対に嫌だったため、安心しました。

同時に、すべて目に見える保証のないもので、信用して大丈夫かという不安もありました。

ですがもう、夫はその話で納得をしており、

「私も給料があがる」
「低金利に借り換えできる」

という言葉を信じざるを得ませんでした。

全ては、私の転職時期がもう少し遅いか、あと1年早ければという部分があったと思います。

ローンを近々組みたいと考えている人は、仕事歴に注意してください。