住宅ローン金利を比較したけど安心できる住宅会社の提携会社に決定

投稿者:うえちゃん。

新築を建築する際、注文住宅と決めており、土地は妻の祖父が譲っていただけたので、建物と外交費用合わせて3500万円でした。

手持ちの住宅資金として私と妻との貯金が2000万近くあったのですが、全財産を住宅ローンへ充てるのが怖かったので1000万円を頭金としました。

残りの2500万円を住宅35年ローンで借り入れを行おうと妻と話をして決め、繰り上げ返済をしていこうとしました。

住宅ローン審査で気にしたことは私が一般の企業で務めていたのですが、妻が公務員であったので公務員の方が審査が通りやすく、さらに借入金利が低く査定されると聞いたので私の名義ではなく妻の名義で借入することにしました。

住宅会社から提携している金融機関として三井住友信託銀行を紹介されました。

借入を決定するまでネットや店頭などで他の金融機関での借入金額や金利などを調べたり、シミュレーションしてたのですが、三井住友信託銀行での借入が一番現実的でさらにインターネットバンキングの繰り上げ返済をしやすいと思ったのでこちらに決めました。

提携されていたので見積もりも契約も住宅展示場で相席していただいて手続きをしたので、こちらからわざわざ銀行に出向いてやる必要がありませんでした。

金利プランは今の時代、固定金利でも十分すぎる程、低金利でフラット35も低金利でそちらにすることも選択肢の一つであったのですが、日本の経済状況やデフレ、物価指数など良くなる要素は少なく、低金利政策も続くであろうと思ったので変動金利一択で借入ようと決めました。

審査にかかった期間はそれほど長くはなく、住宅の建築許可や手続きをしているうちに申請したので1か月くらいでしょうか。

そのくらいで審査が通ったという連絡がありました。

実際に住宅ローン返済が始まって、それまでアパートで生活をしていたのでアパートでの家賃がそのまま住宅ローン返済になった感じです。

生活が大変になったり節約したりした感じはありませんでした。

まとまった金額が出来たら繰り上げ返済をしているのですが、繰り上げ返済した分だけ返済期間が短くなりさらに利息分が返ってきたりしたので得した気分になります。

例えば200万円繰り上げ返済したら10万円近く戻ってきました。

繰り上げ返済したら返済期間が短くなるプランと35年ローンの月返済金額が低減されるプランがあるのですが、断然返済期間が短くなるプランをおすすめします。

また、変動金利なのでその年々の金利は気にしないといけないですが、今のところ上がるどころが少し下がった感じがするので返済額が1ヶ月200円程度減りました。