「若いうちに住宅ローンを」と聞き20代前半で自己資金ゼロで住宅購入

投稿者:まいまいまいまいめろ

高い家賃を払うくらいなら若いうちに住宅ローンは組んだ方がいいと聞き、検討し購入しました。

車のローンやクレジットカードのキャッシングなどの借金を完済したため、自己資金はゼロでした。

ハウスメーカーといろいろな打ち合わせをしたところ3600万円が必要となり、住宅ローンで土地と建物合わせて3600万円を35年ローンで借り入れすることに。

将来何が起きるかわからないので、ボーナス払いはなし。

住宅ローンを借りるに当たって、35年も払っていけるのか、また年収から支払い能力が妥当かどうか気になりました。

また審査の直前にローンやキャッシングを一括返済したので、今までの借金の債務履歴などが審査に影響するのではないかと心配でした。

比較した金融機関はハウスメーカーの提案で2社ありました。

ハウスメーカーが普段お世話になっている金融機関なので審査が通りやすいと言われました。

2社に審査の申し込みをしてみると、1社目は貯金額を聞かれました。

貯金額が審査に影響するようでした。

2社目は何も言われず審査が通りました。

貯金は250万ほどしかなかったため、自動的に2社目の金融機関に決めました。

金利は固定金利と変動金利がありましたが、過去10年間の金利の推移を見て変動にしました。

先のことはわからないので固定と悩みましたが、また変更が可能だったのでひとまず変動に決めました。

審査にかかった期間は約2週間でした。

とても長く感じました。

実際に住宅ローンが始まってみて、固定資産税もあるし、維持費もかかるのでもっと自己資金がある状態で購入したほうが良かったなぁと思いました。

小さな子供がいるため、私は働けず大変です。

確かにマイホームは家族の夢でしたが、広いお家が手に入る分責任が重いなと感じました。

ただ、子供たちが広いお家に喜んでいる姿はとても幸せです。

それでも、維持費や税金などかかるので賃貸で高い家賃を払うくらいなら住宅ローンを組んでマイホームをと、安易な考えでマイホームを取得するのはおすすめしません。

自己資金があればある程いいですが、最低でも子供の貯金とは別に1500万くらい貯金がある状態で購入できたら良かったです。

これからいくらかかるかわからないマイホームの維持費の貯金も追加で始めました。

何時どこが突然壊れるのかわからないので、備えあれば憂いなしです。