HOCOLIFE

「家が欲しい」家づくり初心者に教えたい注文住宅で失敗しないための知識と体験談

SweetHome3Dのキッチンなどのインテリア素材

Mac版の住宅間取ソフト「SweetHome3D」をインストールが無事に終わりましたので、オリジナルの間取を作っていこうと思います。

初めて「SweetHome3D」を起動するとこんな感じのあっさりすぎるほどの画面が表示されます。

SweetHome3D

あまりにも何もないのでどうすれば良いのか悩んでしまうほどです。

まずは、左の方に「キッチン」や「ドア」などインテリアの素材らしきものがあるので、どんなものが登録されているのかを調べてみます。

まずは、「キッチン」の項目はこんな感じ。
アイテムが7個あります。

SweetHome3D:キッチン

「ドア/窓」のアイテムは15個あります。

SweetHome3D:ドア/窓

「リビングルーム」のアイテムは26個あります。

SweetHome3D:リビングルーム

「種々雑多」は13個あります。

SweetHome3D:種々雑多

「照明」は13個あります。

SweetHome3D:照明

「寝室」は10個あります。

SweetHome3D:寝室

「浴室」は6個あります。

SweetHome3D:浴室

それぞれの素材の上にマウスカーソルを置いておくと、こんな風にイメージが表示されます。

SweetHome3D:素材

キッチンの素材を横一列に7個並べてみました。

SweetHome3D:配置例

床や壁などを置かずに色の指定もしていないので、配置が見づらいですが、右上が真上から見た見取り図で右下が3D表示の画面になってます。

3D画面はマウスのドラッグで自由に視点を変えることができるのでおもしろいです。

素材は他に追加パックみたいなものがあるようなのでそれをダウンロードすれば増やせそうです。

次は、壁や床などを置いて簡単な部屋を作ってみたいと思います。

同じ住宅性能で建築費用が安いのはどっち?

高性能住宅は費用が高いのが常識。

だけど、大手ハウスメーカーと同程度の性能で200万円以上安い住宅会社があったら?

実はそんなことがありえるのが建築業界です。

200万円あったら、システムキッチンやシステムバスをワンランク上にすることだって余裕ですし、部屋をホームシアターにするプロジェクターの設置だってできます。

注文住宅を安く建てるなら見積りを比較することは絶対にやっておくべきです。

手間はかかりますが、やって損をすることはありませんし、やらなかった方が家を買ってから後悔する可能性が高いです。

見積もりをもらうのが面倒な場合は、こちらの一括見積もりを使うと簡単です。

↓↓↓