HOCOLIFE

「家が欲しい」家づくり初心者に教えたい注文住宅で失敗しないための知識と体験談

3Dマイホームデザイナーで天井材を貼る

天井材を貼る04

「3DマイホームデザイナーLS4」で天井のデザインを変更する方法を説明します。

間取りを作成した後に「立体化」して、左メニューから「内壁材設定」→「天井材を貼る」を選択すると、間取りを上から見た画面になります。

天井材を貼る01

下のメニューから天井のテクスチャを選択して、天井に貼付けていくとこんな感じになります。

天井材を貼る02

「内壁材設定」だと天井をまとめて変更するときは便利なのですが、部屋の中から見たときのイメージがしずらいのが難点です。

なので、他の方法として「ウォークスルー」から天井材を貼る方法も紹介します。

左メニューから「ウォークスルー」を選択して下メニューで「テクスチャ」タブを選択してから、天井材をクリックして貼ることもできます。

天井材を貼る03

天井材を貼るとこんな感じでイメージがガラリと変わります。

天井材を貼る04

天井材を貼る05

天井材を貼る06

今回の例では天井に照明が付いてないので、照明があるとまた印象が変わってくると思います。

同じ住宅性能で建築費用が安いのはどっち?

高性能住宅は費用が高いのが常識。

だけど、大手ハウスメーカーと同程度の性能で200万円以上安い住宅会社があったら?

実はそんなことがありえるのが建築業界です。

200万円あったら、システムキッチンやシステムバスをワンランク上にすることだって余裕ですし、部屋をホームシアターにするプロジェクターの設置だってできます。

注文住宅を安く建てるなら見積りを比較することは絶対にやっておくべきです。

手間はかかりますが、やって損をすることはありませんし、やらなかった方が家を買ってから後悔する可能性が高いです。

見積もりをもらうのが面倒な場合は、こちらの一括見積もりを使うと簡単です。

↓↓↓