家づくりで悩んだ時にアドバイスがもらえる「住まいの相談窓口」とは?

家を買う前に

住まいの相談窓口

「家づくりってわからないことばかり。。。誰かに相談したい。」

そんなときに相談したいのが住宅会社の人間ではない第三者の存在です。

ただ、第3者に相談するといっても、住宅関係の仕事をしている友人がいるなら良いですが、そう都合よく知り合いがいるとは限らないですよね。

お金を払って住宅の専門家に相談するという手もありますが、どうやって探すのかもわからないし、どれくらいお金を払う必要があるのかもわかりません。

そこで役に立つのが、無料の住宅相談窓口です。

無料の住宅相談窓口がどのようなものか詳しく説明していきます。

無料の住宅相談窓口とは?

住宅相談窓口は、簡単に言うと家づくり初心者が知りたいこと、わからないことを何でも相談できる場所です。

家づくりのスケジュールや住宅ローンなど基本的なことを教えてくれるセミナーなんかも無料でやっています。

相談窓口の一番のメリットはストレスがない

わたしも住宅相談窓口を使ったことがありますが、一番のメリットは自分では見つけることができなかった住宅会社を見つけてくれることです。

こちらの希望を窓口の人に言うと、候補をいくつか持ってきてくれて、わたしが良さそうな会社を選ぶとその会社との打ち合わせ日程などを調整してくれます。

で、打ち合わせをしてみて思ったのと違ったので、断りの連絡をするときも訪問した会社に連絡するのではなく、窓口に連絡するだけなので、断りの連絡にストレスを感じなくて良いです。

LIFULL HOME’S 住まいの窓口の特徴

もし、あなたが家を買いたいと思っていても、一戸建てが良いのかマンションが良いのか、なかなか決められないなら、こちらの相談窓口がおすすめです。

LIFULL HOME’S 住まいの窓口

「LIFULL HOME’S 住まいの窓口」では、住宅を買うためのアドバイスとして、一戸建てだけでなく、マンション購入についても相談できます。

相談窓口の2つのデメリット

ただ、住まいの相談窓口にはデメリットもあります。

それがこの2点です。

・登録されている住宅会社しか紹介されない
・相談できる店舗が少ない

登録されている住宅会社しか紹介されない

相談窓口にはたくさんの住宅会社が登録されていて、その中からあなたの希望に合う住宅会社を選択できるようになっています。

つまり、相談窓口に登録されていない会社は、どんなに有名な会社でも紹介されることはないということです。

例えば、地元では有名で知名度のある工務店があったとしても、相談窓口では名前すら出てこないなんても事もあります。

これは無料で運営できる理由に関係してくるので、しょうがないところではあります。

住まいの相談窓口が無料の理由は?

あなたが相談窓口を無料で利用できる理由は、住宅会社から宣伝費用をもらっているからです。

住宅会社から宣伝費をもらっているなら、会社に都合の良いことしか言わないんじゃないかと思うかもしれませんが、ちょっと違います。

相談窓口に登録されている住宅会社が相談窓口に支払う金額はどこも同じ金額です。

あなたがどこの会社で契約しようが、相談窓口がもらう宣伝費は同じなので特定の会社だけを強く売り込む必要性がないんです。

つまり、すべての住宅会社に対して公平な立場でアドバイスがもらえるというわけです。

相談できる店舗が少ない

無料相談ができる場所が東京や神奈川、千葉、埼玉などの首都圏や大都市などに限定されていて、地方には相談窓口がありません。

今後は増えていく可能性はありますが、今は人気のある地域でしか利用できません。

逆に言えば、人気のある地域で家を買いたいなら、無料で利用できるのでお得なサービスとも言えます。

まとめ

家づくりで何から始めたら良いか迷ったり、相談したいことがあるなら、無料の相談窓口を利用してみてください。

住まいの相談窓口には家づくりの悩みを聞くプロが的確なアドバイスをしてくれます。

話を聞いてもらうだけでも頭の中がスッキリするので、1人で悩みを抱え込まずに相談してみてください。

LIFULL HOME’S 住まいの窓口

暮らしやすい家は「間取り」で決まる

間取りを比較できる無料サービス 大手ハウスメーカーを始め複数の住宅会社の建築士たちが、
あなたのために無料で間取り作成してくれるサービスとは?
>>詳細記事はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ