「理想の家」を作ってはいけない!本当に「住みやすい家」の条件とは

家を買う前に

「理想の家」は住みやすい家?

家が欲しくなると「こんな家にしたい、あんな家にしたい」といろいろ想像すると思います。

しかし、その「理想の家」を手に入れても「住みやすい家」にはならないかもしれません。

今回は「理想の家」と「住みやすい家」について考えていきます。

住宅展示場のモデルハウスは「理想の家」?

あなたは家が欲しいと思ったときに「とりあえず住宅展示場を見てみるか」なんて思っていませんか?

住宅展示場へ行けば、最新の住宅事情や、住宅の特徴や仕組みなど、家づくりで必要な知識を教えてくれます。
住宅展示場は家づくり初心者にとって情報の宝庫です。

ただ、気をつけて欲しいこともあります。

それは「理想の家」の押し売りです。

住宅展示場にあるモデルハウスや多くのモデルハウスは、あなたに「こんな家に暮らしたい。こんな家を建てたい!」と、夢を見させたり、憧れを持たせるために作られています。

案内してくれる担当者も、あなたに新生活を想像させるために

「この間取りなら、子どもから目を離さずに家事ができます。
 リビングの吹き抜けで開放感があり、日当たりも良いです。
 この間取りだと家事動線が短いので、家事がしやすいです。」

などと理想の生活ができることをアピールしてきます。

しかし、この営業トークを素直に信じるのは危険です。

なぜなら、住宅会社が説明している「理想の家」は、会社が考える「理想の家」だからです。

住宅展示場は住宅のテーマパークで、新しい技術や住宅設備に溢れています。

あったら便利と思うものがたくさんありますが、あなたに本当に必要なのかは別問題です。

「そういうのもあるんですか、良いですね。」

と軽く流せるくらいじゃないと、営業マンのペースに流されて買う気もなかったものを買わされてしまうかもしれません。

わたしも家を建てる前にモデルハウスを何件も見て、開放感のあるリビングの吹き抜けに憧れました。

「絶対、リビングに吹き抜けがほしい!」

と思っていましたが、家を建てたときには妻の反対もあり採用しませんでした。

実際に吹き抜けのある生活を考えてみると、冬は暖房が効きにくかったり、2階に部屋が作れないなどのデメリットがあったからです。

モデルハウスでは、メリットばかり説明されるので初めて見たときは良い点にばかり目が行きますが、見えないデメリットもあります。

メリットしか見えていないときに家を建ててしまうと、デメリットに気づかずに後悔するかもしれません。

そのため、モデルハウスを見に行くときは、実際に住む家を見るというより、最新設備や設計が見れる住宅テーマパークだと思ってください。

家を作る時の「参考」にするのは良いですが、モデルハウスと同じような家を建ててしまうと失敗する可能性が高くなります。

本当に住みやすい家とは?

あなたが快適に暮らせる「理想の家」とは、これまでの生活の不満をすべて無くすことができる家です。

どんなに便利な住宅設備があったとしても、あなたが使わないものは必要ないです。

「新しく家を作るんだから、不満がないのは当然でしょ?」

と思うかもしれませんが、不満のない家を作るのは思っている以上に難しいです。

あなたは紙に書かれた図面だけを見て、その家での生活をリアルに想像することができますか?
ほとんどの人はできないと思います。

わたしもそうでしたが、図面で見たときは完璧だと思っていても、実際にできた家は想像していたものとはだいぶ違いました。

逆に言うと、住んだときのイメージをリアルにできれば、家づくりで失敗せずに「理想の家」を作ることができます。

では、どうすれば家での生活をリアルにイメージできるのか?

それは、実際の経験したものを思い出せば良いのです。
あなたがこれまで暮らしてきた住宅での生活を思い返すだけです。

・家族と過ごした家
・子供の頃に泊まった親戚の家
・一人暮らしを始めたアパート
・大学生の頃に泊まりに行った友達の家
・夫婦で暮らしたマンション

などなど、これまでに寝泊まりした住宅を思い出して、その暮らしの中で感じたこと、特に「不満」や「不便」などをどんどん書き出してください。

例えば、こんな感じです。

・下駄箱が小さくて靴がいつも出しっぱなし
・階段の踏み板に三角部分があるので掃除しにくい
・洗面脱衣所に入らないとトイレに入れない

書き出したら、これらのマイナスポイントを新築には絶対に入れないようにします。

これだけでも「理想の家」に近づきます。

ただ、新築の間取りや住宅設備がこれまでの生活で体験したことがないとイメージができません。
そんな場合は、体験するのが一番です。

システムキッチンや浴槽などの住宅設備の場合は、メーカーのショールームへ行けば体験できます。

実際にキッチンや浴槽を体験できるところもあるので、メーカーに一度問合せてみてください。

また、間取りは、モデルハウスや建売住宅、中古住宅など、あなたの理想に近い間取りをいくつも見て良いところをメモしていってください。

このように住宅や住宅設備を体験していってください。

そして、あなたが体験して良いと思ったものを組み合わせることで、あなたの「理想の家」が見えてくるはずです。
この方法は新築でも中古住宅でも使えます。

注文住宅なら、良いところを設計に取り入れれば良いですし、中古住宅でも「理想の家」にピッタリ合うものが見つかれば格安で手に入ります。

中古住宅の場合は、仮に希望に合うものがなくても、理想に近いものが見つかれば、少しのリフォームをするだけで改善することもできます。

もし、あなたが新築と中古住宅のどちらを買うか悩んでいたとしても、体験からでてきた「理想の家」を前提にして考えていってください。

まとめ

住宅展示場は「夢」を見させるところです。

モデルハウスで「夢」を見るのは楽しいですが、家を買う時には目を覚ましてください。

あなたが住みやすい家を手に入れるためには、現実に体験したことから、どんな家を買うかを決めていきましょう。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ