省エネルギー対策等級を満たす断熱材の厚み

我が家の新築体験談

断熱材について調べていたら
「省エネルギー対策等級」という言葉が出てきました。

「省エネルギー対策等級」を満たしていれば
住宅ローンの金利が安くなるという優遇措置を受けられる
ものです。

そして、省エネルギー対策等級にはいくつか
種類があります。

改正省エネ基準(2013年)
省エネルギー対策等級4(次世代省エネルギー基準(1999年))
省エネルギー対策等級3(新省エネルギー基準(1992年))

新築で立てる予定の仕様を調べてみたら
省エネルギー対策等級3の基準で断熱材が
使用されていました。

現在の住宅ローンなどの優遇措置を受けられるのは
省エネルギー対策等級4なので、うちの場合は関係ないって
ことになります。

また、2013年10月1日からは
改正省エネ基準が施行されてます。

改正省エネ基準では計算方法などが変わるみたいですが、
省エネルギー対策等級4から極端に厳しくなるということは
なさそうです。

現在は低炭素住宅の認定のみに採用されていますが、
住宅性能表示制度、長期優良住宅の認定基準についても
2013年度中の採用が検討されているようです。

ということは省エネで住宅ローン金利を優遇してもらいたい場合
今のうちに建築した方が基準値が低いので認定されやすいとも
いえますね。

これらの省エネルギー対策はエネルギー消費を
抑え地球温暖化への影響を食い止めるということと
住まい環境を快適にするという意味があります。

なので、省エネルギー対策等級3よりも
省エネルギー対策等級4の方がエアコンの電気代も
安くなって経済的になります。

世界の住宅事情と比較してみると
省エネルギー対策等級3では他国より水準が低く
省エネルギー対策等級4でアメリカと同等レベルに
追いついたということみたいです。

エネルギー使用量を抑えて省エネするのが
世界的な流れで、2020年から一般住宅で
改正省エネ基準が義務化される予定です。

今から住宅を建てるなら省エネルギー対策等級4に
適合した住宅を建てて置いた方が長く住むこと考えると
良いのかもしれません。

うちの新築の仕様では省エネ対策等級3を
満たすのに断熱材がカネライトフォーム スーパーE-IIIなので
それぞれ以下のような厚みで設定されてます。

■省エネルギー対策等級3を満たす断熱材の仕様
屋根 55mm
壁  40mm
床  30mm

これを省エネルギー対策等級4にするには

■省エネルギー対策等級4
屋根 130mm
壁  65mm
床  95mm

となり、断熱材の厚みが1.5〜3倍くらい必要になるので
住宅を省エネ対策等級3から4にすると断熱材の価格が
倍くらいになりそうです。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ