HOCOLIFE

「家が欲しい」家づくり初心者に教えたい注文住宅で失敗しないための知識と体験談

工務店と住宅間取について3回目の打合せ

今日は工務店との3回目の間取の打合せでした。

今日の打合せは午後2時頃からでしたが
間取は午前11時頃まで悩んで何とか決定しました。

前回の打合せで2つの間取プランが提案されたので
それを参考にして夫婦で話し合っていたプランを組み合せた
間取を工務店に伝えました。

正式な間取はこれから作ってもらいますが
間取の大枠はこれで決定です。

間取がほぼ決定するのに7月に工務店に間取プランを
お願いしたので約2ヶ月くらいかかったことになります。
けっこうかかりました。

細かなところで言うと

・収納を作り付けにするか
・大黒柱をつけるか
・ロフトはどうするか
・天井は構造表しにするか
・外壁はどうするか

など、決めていないところがあって
まだ悩んでいますが間取は変わらないので
間取ほど悩まないと思います。

あと、住宅を建てる時に気になっていた
断熱材の「ウール」と「ポリスチレンフォーム」の特徴や
基礎パッキンについて、屋根のルーフィングについても
どれにするか悩んでいたので質問してみました。

疑問に思ったことはそのままにしないで
聞いてから決めていった方が高い買い物だし
住宅のプロに聞いて決めたほうが安心です。

後はキッチンなどの住宅設備も
決めていかないといけないんですよね。

お風呂はタカラスタンダードにすることにしたので
キッチン、洗面台、トイレ、給湯器をこれから決めていきます。
これもけっこう悩むと思います。

同じ住宅性能で建築費用が安いのはどっち?

高性能住宅は費用が高いのが常識。

だけど、大手ハウスメーカーと同程度の性能で200万円以上安い住宅会社があったら?

実はそんなことがありえるのが建築業界です。

200万円あったら、システムキッチンやシステムバスをワンランク上にすることだって余裕ですし、部屋をホームシアターにするプロジェクターの設置だってできます。

注文住宅を安く建てるなら見積りを比較することは絶対にやっておくべきです。

手間はかかりますが、やって損をすることはありませんし、やらなかった方が家を買ってから後悔する可能性が高いです。

見積もりをもらうのが面倒な場合は、こちらの一括見積もりを使うと簡単です。

↓↓↓