アンジャッシュ児嶋が高級住宅地「目黒」に35年住宅ローンで土地購入

住宅ニュース・話題

お笑い芸人アンジャッシュの児嶋一哉(43歳)が、家を建てるために30坪の土地を購入したと7月7日に放送されたバラエティ番組「ダウンタウンDXDX」で告白しました。



東京都目黒区に一軒家を建てる

しかも、購入した土地が高級住宅地で知られる東京の目黒です。ネットで坪単価を調べてみると、目黒の一番安い地区でも1坪約190万円です。30坪なら30倍なので5,700万円になります。土地だけでこれだけかかるので、住宅の建築費用を考えると総額で8,000万円〜1億円くらいになりそうです。さすが高級住宅地、すごいですね。

児嶋さんは住宅ローン35年で78歳までの返済計画で、問題なく銀行から借りられたそうです。お笑い芸人や芸能人は売れてる時は爆発的に売れますが、ブームが去れば収入がゼロなんてこともあるので住宅ローンを借りずらいという話があります。児島さんの芸風も名前を間違えられて、キレるというものなので大丈夫なのかな?っとわたしも心配してしまいます。

児島さんもそのことを心配していたようですが、銀行の担当者からは一発屋的な売れ方ではないこと、児島さんはNHKドラマ『竜馬伝や』フジテレビドラマ『マルモのおきて』、『救命病棟24時 第5シリーズ』、映画では『トウキョウソナタ』『映画 謎解きはディナーのあとで』、2015年には『HERO』にも出演しています。役者としての顔があり好印象ということで無事に審査が通り35年フルローンを組むことができたようです。

住宅ローンは職業によって借りにくいという面もありますが、最終的にはやはりその人に信用があるかないかが重要だということですね。

土地の購入費用として住宅ローンを借りているので、この土地に住宅を建てるはずですが、児島さんは2011年に結婚をしています。まだ子供がいないようなので、家族が増えることを考えての住宅購入かもしれませんね。

■参考記事
アンジャ児島が目黒に土地購入、35年ローンにツッコミ「この芸風で…」。
http://www.narinari.com/Nd/20160738559.html

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ