「めざましカーテンmornin’(モーニン)」世界初!工事不要で快適な寝起きを実現

住宅ニュース・話題

朝起きるときにカーテンの「シャー」という開閉音で子供が起きてしまうという記事を書いていたら、それを解決して寝起きを快適にしてくれる新商品が販売されるとテレビで紹介されてました。

普通、会社や学校、朝食の準備など、早起きするために使うのは目覚まし時計ですが、目覚まし時計のアラーム音で起きると起きたくないところで無理やり起こされるので快適な目覚めには程遠いです。

そんな寝起きの悩みを解決する世界初の新商品が「めざましカーテンmornin’(モーニン)」です。

この商品は簡単に言うと、自動でカーテンを開ける商品です。ただそれだけです。
めざましカーテンmornin’の特徴はこの3つ。

  • 太陽光で目覚める
  • スマートフォン連携
  • 工事不要で簡単設置

凄く単純なんですが、人は太陽光を浴びるとメラトニンと呼ばれる眠気を誘発するホルモン分泌が減少するので快適に起きることができるようになります。ようするに目覚まし時計の代わりに部屋を太陽光で明るくして目を覚まそうということです。

スマートフォンで起動時間を予約できるだけでなく、リモコン代わりにもなります。さらに、カーテンの開け閉めの速度調整ができるのは地味な機能ですが、目覚めの快適さを左右する重要な機能です。タイマー予約ができるので、長期旅行のときにカーテンを自動で開け閉めして在宅しているように見せることで空き巣対策にもなります。

取り付けも簡単で、カーテンレールにはめるだけ。

めざましカーテンmornin’の販売はAmazonだけのようで、現在は在庫切れ。テレビでは2016年7月13日から3,985円で販売開始といっていたので、予約段階で品切れですか。快適な目覚めを望んでいる睡眠に悩む人がたくさんいるってことなんでしょうね。

再入荷の時期がわからないので、早く欲しい人はこまめにAmazonをチェックしましょう。

在庫確認はこちら → めざましカーテン mornin’

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ