新築にアンテナは必要ない?光回線でテレビ(地デジ)を見る方法

インターネット回線

テレビのアンテナ

新築を建てる時に外観にも気を使うと思いますが、家の外観を考える時にけっこう重要になってくるのがテレビのアンテナです。

ハウスメーカーの新築のパンフレットを見て家にアンテナがある写真はまずありません。

だからテレビのアンテナをどうするかを考えずに家づくりを始めることもあると思います。

テレビのアンテナって屋根の上に置くのが一般的です。

外観にこだわって建てた家の屋根にアンテナを乗せたら外観が台無しになることもあります。

新築に引っ越してもテレビは見たい。だけど、アンテナを屋根に乗せると外観が悪くなるので嫌だ。

そんな悩みを解決する方法が「光回線」を使う方法です。



アンテナを立てずに光回線でテレビを見る方法

新築を建てるタイミングでインターネットを光回線にしようと思っているなら、光回線を利用してテレビも見れるようにすればアンテナもアンテナから出ている配線も必要なくなり、光回線の配線だけで外観がスッキリします。

ただ、「光回線」でテレビが見れると言っておいてなんですが、実はアンテナを建てなくてもテレビを見る方法は他にもあります。それはJCOMなどの「ケーブルテレビ」に加入する方法です。

「ケーブルテレビ」も線一本を引けば電話やテレビ、インターネットもできるのでサービス内容的にはほとんど同じなのですが、光回線に比べると月額が若干割高になり千円ほど高くなります。継続して使い続けていくことを考えると、「ケーブルテレビ」しか使えないという状況でもない限り、「光回線」を利用した方が月々の出費が少ない方が良いでしょう。

すべての光回線でテレビが見れるわけじゃない

テレビが見れる光回線は、NTTのフレッツ光を利用して「ひかりTV」と「フレッツテレビ」のどちらかのサービスに加入する必要があります。ひかりTVは月額1500円からで、フレッツテレビでは月額660円からとなっているので、地上デジタル放送だけを見るなら、フレッツテレビを利用した方がお得です。

SoftBank光、ドコモ光もフレッツ光の回線を利用しているので、「ひかりTV」と「フレッツテレビ」のサービスを利用できますが、「auひかり」と「NURO光」では契約できないので注意してください。

光回線で地デジ放送を見たいなら、「フレッツ光」か「SoftBank光」、「ドコモ光」のどれかで契約しましょう。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ