太陽光パネルで新商品。売電需要が減り「自給自足」需要が増える傾向

住宅ニュース・話題

新築をするときに太陽光発電を設置すると本当に得になるのかで一度は悩むと思います。そして、太陽光発電で一番気になるのはパネルの新製品発売です。

毎年、太陽光発電の売電価格が下がっているので、太陽光パネルの価格が下がって発電量が上がらないと固定価格買取制度を利用しても損をした気分になってしまいますからね。

今年の太陽光パネルの新商品として、パナソニックは台形タイプを10月から始めると発表しました。パネルの形を台形にすることで、長方形や正方形では置けなかった複雑な屋根の上にもパネルをたくさん置けて、より大きな発電量を得られるようになります。

京セラも、業界最多の7種類の形のパネルの組み合わせることで、同一形状の屋根におけるパネルを従来品よりも最大約30%アップさせられるようになりました。

シャープからは、パネルのエネルギー変換効率を業界トップクラスとなる19.6%に引き上げた新製品を8月から売り出します。

太陽光発電の進歩ははっきりいって遅いですが、太陽光発電の固定価格買取制度は平成22年度は48円/kWhでしたが、平成28年度は31円/kWhとだいぶ下がってきています。

売電価格が下がってきていることもあり、太陽光発電全体の売上は年々下がってきているようです。売電価格だけを見れば消費者心理としては安いなら、急いで導入するメリットがあまりないと考えても当然ですよね。

でも、太陽光発電は売電だけでなく、一度設置すれば20年は使えるので自家発電という長い目で見れば新築時に設置するのも悪くはないはずです。

各社もそのことを理解しているようで、家庭での電気の「自給自足」需要に注目して蓄電池や家庭のエネルギー管理システム(HEMS)とのセット販売も強化してきています。

問題は家庭用蓄電池と太陽光発電を合わせると数百万という金額になるということ。もっと低価格化が進めば一気に普及するとは思うんですけどね。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ