「坂上忍、家を建てる。」新居のキッチンを買う。

住宅ニュース・話題

今回は、「坂上忍、新居のキッチンを買う。」(有吉ゼミ11月30日放送)です。
坂上忍さんの新居完成まであと3週間とアナウンスされました。
完成した新居は年末SPで公開です。



新居のキッチンを探す

で、今回はキッチン選びです。

しかし、完成の3週間前にキッチンを選んで、決めたとしてもそれから製造するので注文が多い時期だと1〜2ヶ月待ちになることもあります。

そう考えるとキッチンを選んだ時期はこの放送よりも3ヶ月くらい前かもしれません。

これまでに住宅設備として使った金額は大塚家具で、応接セット・デスクチェアで95万3,532円。
家電探しで、家電12点で352万1,318円。
と家以外に450万円ぐらい使ってます。

こんな買い方は一般人にはできません。
芸能人ということと、テレビ的に面白くするということもあるんでしょうが、爆買ですね。

これまで番組で色々なお宅を訪問して採用したいと言っていたのは、地中海を意識したお宅のアイランドキッチン(約250万円)と一級建築士のお宅のトーヨーキッチンの3Dシンクキッチンでした。

間取ではキッチンはアイランドキッチンになっているので、選ぶのはアイランドキッチンからと絞り込まれています。

キッチンは新宿にあるOZONEで探すことに。

ここはわたしも新築を建てるときにキッチンを見に行きwoodoneのキッチンを中心に比較してました。

坂上さんが最初に見たキッチンはaria&auraのアイランドキッチン。

aria&auraのアイランドキッチン

日本の中小企業が作った今注目のキッチン。
完全オーダーメイドで扉は一本の木のような木目調になってます。
シンクもオーダーメイドなので、3Dシンクも可能。
換気扇も掃除が簡単にできてカッコいいデザインです。

こだわりのキッチンなので展示されているキッチンは約500万円。
ここで買いますか?と聞かれ、坂上さんは「買います!」と即決。

ただ、食洗機を失くすなど、コストを抑えることができて380万円となりました。

高い買い物ですが、キッチンは一生ものということで決めたようです。
さらに、坂上さんは左利きなので左利き用にできるオーダーメイドが気に入ったようです。

そして、遂に2年間にわたる家探しから始まった「坂上忍、家を建てる。」は完結編へ。

始めて自宅に入り、まさかの涙。

次回12月21日(月)年末3時間SP!で大公開!

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ