HOCOLIFE 家族を幸せにする家づくり

家づくり初心者が注文住宅で失敗しないための成功の秘訣をすべて公開します。

下水道が使えない地域は注意!新築の水質検査費用は意外と高い

我が家は新築でしたが、下水道がきていない地域のため浄化槽を設置しました。

新築で浄化槽を設置した場合、設置後に設置後の水質検査(法第7条検査)というものがあります。

新築の家に引っ越してから3ヶ月くらい経ってから、千葉県浄化槽検査センターから電話があって浄化槽の点検に
伺いたいといわれましたが、そのときはまだ浄化槽点検・検査会社の点検が行われていませんでした。

なので、浄化槽の点検が終わってから浄化槽検査センターへ連絡するということになりました。

それから数ヶ月後に浄化槽の点検会社が点検をしたので、浄化槽検査センターへ連絡を入れて、水質検査の日を決めて浄化槽の中から水を取り出して持ち帰り、後日検査結果を送るということでした。

浄化槽の水を持ち帰ってから、だいたい1ヶ月後に水質検査の結果が振り込み用紙と一緒に届きました。

水質検査の振込用紙

水質検査の調査結果

検査の結果はどれも「良」で問題がありませんでした。
しかし、検査料金が10,000円もかかるとは思ってなかったです。

この水質検査は浄化槽を設置したら必ずしなければならない義務なのですが、もうちょっと安くしてほしいです。

家づくりで失敗した消費者目線で伝えたい『理想の家』を作る7つのコツ

新築を安く建てる13の方法
初めての家づくりで知識がないのに、頼りの営業マンからもアドバイスがない!そんなときに知っておくべき家づくりの知識を無料メルマガで配信中。少しでも家を安く建てたいときに役立つ「新築を安く建てる13の方法」無料プレゼント中!

>> 詳細はこちら <<