リフォーム・建築士の無料仲介サイト「Houzz」が日本上陸

住宅ニュース・話題

リフォーム・建築士の無料仲介サイト「Houzz」が日本上陸

住宅をリフォームするときに施主とリフォーム業者や建築士を
仲介する「Houzz」というサイトが日本でもサービス開始されました。

「Houzz」は無料で利用できますが、まだ日本進出したばかりなので
建築士などの登録は少ないですが、日本の住宅リフォームやリモデル業者に
手抜き工事などの悪徳業者が多いと聞いたので、これからどんどん
利用者が増えて使いやすくなる事を期待してます。

もともと、「Houzz」は創業者の夫婦が自分の一軒家を理想の家に
リモデルしようと勉強をしてプロにも頼んだのに思い通りの家にならず
落胆した事がキッカケで誕生したコミュニティです。

同じような経験を持つ人たちが家づくりの意見を交換し合ったり
デザイン、設計、施工で評判の良いところを探したりできるように
したものです。

とにかく、写真が豊富なサイトなので見ているだけでも飽きません。
文章を読むのではなく、住宅建築の写真集を見るように「あっ、これいい!!」
という感じで住宅事例を見る事ができます。

これから自宅をリフォームするときに自分の志向に合った建築士を
探したりするのがこのサイトの主な使い方かもしれませんが、
新築や注文住宅をこれから建てる人が「Houzz」で紹介されている施工例から
新築アイデアを見つけるのに役立つと思います。

houzz
http://www.houzz.com/jp

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ