国債金利が過去最低を更新!住宅ローンも連動して過去最低に

住宅ニュース・話題

最近、テレビのニュース番組で日本の国債10年の金利が
過去最低を更新しているというのを良く耳にするようになりました。

この国債の金利は、住宅購入時の住宅ローンの指標ともなるので
住宅購入を考えている人には金利が低ければ低いほど
うれしいということです。

しかし、金利が安い安いと言われても
いまいちピンとこないので、今回の金利がどれくらい安くなっているかと
財務省のデータを元に約15年分の金利をグラフにしてみました。

過去15年の国債金利グラフ

■データ期間(財務省)
平成12年(2000年)1月4日〜平成27年(2015年)1月21日まで

■過去、現在の最低金利
平成15年(2003年)6月12日 0.433%
平成27年(2015年)1月19日 0.206%

グラフでみると分かりやすいですね。
これまでは2003年の0.433%が長期金利では
世界史上最も低い利率とされていました。

しかし、その後は金利が上がり始めて、
平成18年(2006年)5月15日に1.996%でピークとなり、
徐々に金利が下がり始めて
平成27年(2015年)1月19日に0.206%になって
最低金利を更新しました。

前回の最低金利から約12年で記録更新した訳です。
今後は金利が下がるのか?上がるのか?

国債の長期金利は、金融政策や経済環境、海外の金利動向など
さまざまな影響を受けて変わるといわれているので
予測をするのは難しいですが、グラフを見てみると
今後は上がっていくように感じます。

となると、住宅ローンを借りる人にとっては
今が絶好のチャンスということです。

当初固定期間10年  1.15 %
現在、三菱東京UFJ、三井住友、みずほ銀行は
当初固定期間10年の金利を年1.15%に引き下げています。

金利が変わらない住宅金融支援機構の「フラット35」の
金利も6カ月連続で下がり続けています。

住宅ローンの計算は素人ではわかりずらいですが
借りるときの金利は単純に低い方が良いことはわかります。

ここまで金利が安くなると過去に住宅ローンを借りた人も
新しく借り直した方が返済金利が安くなるということで
住宅ローンの借換をする人が増えているそうです。

これからの金利が上がるのか、下がるのか、
今後が楽しみなところです。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ