DIY初心者でも設置できるウッドデッキ組立キットを購入

生活日用品・便利グッズ

新築の家には小さいながらも庭があるので、掃き出し窓のある部屋には濡れ縁かウッドデッキを置くつもりでした。

最初は工務店でウッドデッキを作ってもらおうと見積もりを依頼したのですが、15万円といわれたのでけっこう高いんだなっと悩んでしまいました。

もう少し安くウッドデッキを購入したかったので、

「ウッドデッキを自分で組み立てるDIYキットのような物を買えばもっと安くできるかも。」

と思い、造作で作ってもらうのではなく、ホームセンターで売ってるのはすぐに壊れそうなので、ネットで木材を使ったウッドデッキを探すことにしました。



ネットでウッドデッキキットを見つけて購入

ネットで探してみて楽天で良さげな濡れ縁・ウッドデッキを見つけました。

濡れ縁の規格サイズが決まっているため、安く購入できるというもので、1814ミリ×奥行600ミリ×高さ436mmで約20,000円で買えます。

しかも、足の高さは1mm単位で指定できるので、掃き出し窓の高さにピッタリに合わせることができます。

ホームセンターで購入したら高さは指定できないので、この点からもネットで購入した方が良さそうです。

我が家の場合は2部屋分の濡れ縁を繋げるようにしたいので、横幅が1814ミリのものを3個、854ミリのものを1個購入しました。

商品が届くまでに1週間くらいかかるので、電動ドライバーはなくても組み立てはできるようですが、あると圧倒的に作業が楽らしいのでついでに購入します。

ウッドデッキを組み立てるために電動ドライバーも購入

電動ドライバーは初めて購入するので、5,000円くらいの安いやつにしようかと思いましたが、安物だとパワー不足でネジが締まらないことがあると聞いたのでワンランク上のこれにしました。

↓↓↓

コードレスタイプのものも作業しやすいとは思いますが、電動ドライバーを頻繁に使う予定もないので、コード付の方が安いし、バッテリーも気にしなくて良いのでコード付にしました。

電動ドライバー

私が購入した店では「おまけ」が付いていて安全手袋が付いてきました。

電動ドライバーのオマケ

オマケの内容はそのときによって違うかもしれませんが、この手袋は嬉しかったです。

実際に電動ドライバーを組み立てのときに使った感想は、電動ドライバーを使ってもネジを回すのが固いところがあったので、これにして良かったと思ってます。

ただ、1kgが軽量と書かれていましたが、片手で持って作業するのはけっこう重かったので、そういう点ではもっと軽い方が良かったかも。

ダンボール6個に入ったウッドデッキを組み立てる

電動ドライバーが先に届いて濡れ縁は数日遅れで届きました。
けっこうな量でダンボール箱6個で、しかも重いです。
送料が別料金だったら、かなりの料金になりそうです。

濡れ縁の段ボール

箱の中身は濡れ縁のパーツがギッシリと詰まってます。

段ボールの中

箱から出してみるとネジが仮止めされているのが見えます。

濡れ縁の足パーツ

パーツの他にネジと組立て説明書も入ってました。
このネジは仮止めのネジだけでは不安定な場合に使うものみたいです。

ネジと説明書

まずは、濡れ縁のパーツを段ボールからすべて出します。

濡れ縁のパーツ

どうやって組立てるか説明書を読んでみます。
しかし、説明書は図がおおざっぱに書かれていて10分くらい読んでみたのですがDIY初心者のわたしには分かりづらかったです。

よくわからなかったので天板を下にして逆さまにして組立てることにしました。

濡れ縁の組立て準備

最初に、幅の一番狭いやつから組立てます。
仮止めされているネジを電動ドライバーで固定していきます。

濡れ縁パーツの仮置

ネジの固定がすべて終わりました。

濡れ縁の組立

ひっくり返して完成です。

濡れ縁完成

他の濡れ縁もネジを固定して掃き出し窓の下に設置しました。

濡れ縁の設置完了

電動ドライバーがあったので、ネジの固定がすぐに終わりましたが、組立てに1時間くらいかかりました。

もし、電動ドライバーがなかったら、もっと時間がかかってネジを固定する作業で手も痛くなっていたと思うので、買ってよかったです。

設置後に脚がガタつかないか心配していましたが、ガタガタすることもなく無事に設置できました。

まとめ

これだけの濡れ縁が工具と合わせても10万円かからずに完成しました。
手間はかかりましたが大満足の結果です。

ウッドデッキや濡れ縁を工務店などで造作してもらうとけっこうな料金がかかるので、今回のようなウッドデッキキットでDIYする方法も一度検討してみると良いと思います。

■今回購入したもの

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ