DIYでカーテンレール取り付け!カットとネジ止めに挑戦

生活日用品・便利グッズ

新築で家を建てると、ほとんどのハウスメーカーではオプション扱いで、我が家の場合もカーテンは標準では付いていませんでした。

建築をお願いした工務店に取り付けをお願いしようかと思いましたが、カーテンレールの取り付けはネジで固定するだけなので自分でDIYしてみることにしました。



購入したカーテンレールは「TOSOエリート」

購入したカーテンレールは建築現場でよく使われているというTOSOのエリートです。

ブラケットは別売りなので、カーテンレールを取り付ける台があるところには「天井付けタイプ」、台がないところには「壁付けタイプ」を購入しました。


カーテンレール エリート(1.82m) TOSO

カーテンレール ダブル エリート用部品 天井付けダブルブラケット TOSO

カーテンレール ダブル エリート用部品 正面付けダブルブラケット TOSO

TOSOのエリートの利点は取付け金具のブラケットとレールが別々になっていて、ブラケットだけを先に付けることができます。

ブラケットを付けた後にカーテンレールを付けるので取付け作業が簡単です。

今回購入したTOSOのカーテンレールは長さが決まっているので、窓の幅とサイズが合わないことが多く、カット加工が必要になる場合があります。

実際に我が家でも窓枠の寸法を測ってみると既製品サイズで取付けられるところが少なく、カットしないと窓枠からレールがはみ出るところが多かったです。

私がネットで購入した店ではカーテンレールのカット加工を選べましたが、本数が多いとけっこうな金額になるので、自分でカット加工することにしました。

カーテンレールを切断して長さを合わせる

カーテンを付ける窓の上にはカーテン台が付いているのでここにカーテンレールを設置します。

カーテンレール設置

ここにブラケットを先に取付けます。

カーテンレール設置

これに届いたカーテンレールをそのまま付けるとカーテン台からカーテンレールが5cmくらいはみ出してます。

カーテンレール設置

なので、はみ出した部分を切るために切るところに鉛筆で印をつけてノコギリで切っていきます。
室内で写真を撮ってますが、切ると金属の屑が出るので作業は外でやってます。

カーテンレール切断

半分くらい切った状態がこんな感じです。

カーテンレールが鉄でできているので、なかなか切れません。

カーテンレール切断

その後もギコギコと切り進めて、やっと切り終わりました。

カーテンレール切断

キャップを戻してカット作業完了です。

カーテンレール切断

1本切るのに20分くらいかかります。

このような作業をあと10本くらいやらないといけないとは。。。

素直にカット加工の依頼しておけばよかったです。

もし、これからカーテンレールをDIYで取り付けようと思っていて、電動ノコギリを持っていないなら、お店で注文する時にカーテンレールのカット加工も依頼することをお勧めします。

そうじゃないと、カーテンレールを切る作業が延々と終わりません。。。

カーテンレールを10本以上切断するなら、安い電動ノコギリを購入した方が安くなりますが、カット加工の手間を考えるとお店に依頼した方が簡単です。

こちらのお店なら、カーテンレールのカット加工を依頼できます。

→ カーテンレールをカットできるお店の詳細へ

DIYでカーテンレールを取り付けてみた感想

カーテンレールをDIY初心者がやってみましたが、思った以上に大変でした。

日頃から電動のこぎりなどを使ってDIYで日曜大工などを遣っている人なら簡単な作業でしょうが、カーテンレールのカットは素人が手を出して良いものではありませんでした。

新築でカーテンレールを取り付けるなら、素直にハウスメーカーに頼むか、カーテンレールのカットをお店に頼んだ方が無駄な時間を使わずに簡単に設置できます。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ