暗渠排水で庭の水はけの悪さを改善するため余計な費用が発生

クラピア

新築を建てる敷地の庭に芝生を植えようと思っていたら、土がかなりの粘土質でした。

晴れたときは土がカチカチになりシャベルで穴を掘るのも大変で、雨が降れば水溜りもできるし、土がグチャグチャになり歩くと靴が泥だらけになります。

そんな粘土質の庭の水はけを改善するための方法として、暗渠排水をすることにしました。



粘土質の庭は雨が降るとドロドロに

雨が降った翌日は水はけが悪くて、水溜りがこんな感じで出来てしまいます。

粘土質の庭の土

靴で歩くと靴裏にベットリと土が付いてしまいます。

粘土質の土を歩く

靴裏に付く粘土質の土

庭にはグラウンドカバーとして芝生を植えようと思っていたのですが、この粘土質の土では育てるのが難しいと思い、どうにかできないかと工務店に相談したら、土の入れ替えや排水用のパイプを通す暗渠排水を提案されました。

しかし、土の入れ替えや暗渠排水をやったとしても水溜りが改善されるかはわからないそうです。

芝生を植えないにしても水はけが悪すぎるので、暗渠排水をお願いすることにしました。

暗渠排水の工事が始まる

暗渠排水の工事をする前の状態はこんな感じでした。

暗渠排水工事前の庭

工事途中はこんな感じで穴が掘られてパイプが埋められ、砂利で回りを覆って埋めてました。

暗渠排水工事中の庭

暗渠排水の工事が終わったときの状態はこんな感じで、見た目には暗渠排水がされているとはわかりません。

暗渠排水工事後の庭

これで水溜りができなくなることを期待していたのですが、やっぱり雨が降った翌日に見に行ったら水溜りができてました。

まあ、暗渠排水がなかったときよりは水はけがよくなり、水溜りは小さくなってる気はします。

まとめ

粘土質の土は改善が難しいといわれることが多いですが、粘土質の土がこんなに扱いづらいとは思いませんでした。

こんなことなら、土地を購入する前にしっかり確認しておけばよかったです。

もし、あなたも家造りのために土地探しをしているなら、購入前に土質にも注意した方が良いかもしれません。

良い土地を効率よく探す方法についてはこちらの記事を参考にしてください。

→ 最初に土地探しをするのは危険?!効率よく土地を見つける方法とは?

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ