HOCOLIFE

「家が欲しい」家づくり初心者に教えたい注文住宅で失敗しないための知識と体験談

スッキリポールが敷地に設置されました。

スッキリポール設置04

スッキリポールが敷地の隅の方に設置されました。

スッキリポール設置01

これまではこの位置には仮設の電柱が立ってました。

スッキリポール設置02

仮設電柱の変わりにスッキリポールが立ったので、これまで使っていた仮設電柱は地面に転がってました。

スッキリポール設置03

スッキリポールを道路側から見てみます。
心配していた電気メーターを入れるボックスの位置と見え方ですが、少し高い位置にありますが敷地に入らなくても道路側から見えそうで良かったです。

スッキリポール設置04

後ろ側から見てみると、電気メーターはスッキリポールのボックスには入っていなくて、横に置いてある看板の裏に仮設されてます。

スッキリポール設置05

スッキリポールが埋まっているところはまだコンクリートで固められていないです。

スッキリポール設置06

このスッキリポールにはテレビアンテナも付くので、ひょっとしたらアンテナの設置状況によっては場所が変わるかもしれないです。

同じ住宅性能で建築費用が安いのはどっち?

高性能住宅は費用が高いのが常識。

だけど、大手ハウスメーカーと同程度の性能で200万円以上安い住宅会社があったら?

実はそんなことがありえるのが建築業界です。

200万円あったら、システムキッチンやシステムバスをワンランク上にすることだって余裕ですし、部屋をホームシアターにするプロジェクターの設置だってできます。

注文住宅を安く建てるなら見積りを比較することは絶対にやっておくべきです。

手間はかかりますが、やって損をすることはありませんし、やらなかった方が家を買ってから後悔する可能性が高いです。

見積もりをもらうのが面倒な場合は、こちらの一括見積もりを使うと簡単です。

↓↓↓