HOCOLIFE

「家が欲しい」家づくり初心者に教えたい注文住宅で失敗しないための知識と体験談

悩んで決めた玄関灯(DWP37710)が付きました

DWP37710を見上げる

建築中の玄関についに玄関灯が付きました。

家が和風な木造住宅なので、玄関灯はレトロな感じの「大光電機LED屋外ブラケット(DWP37710)」にしました。

カタログ写真はこれです。

DWP37710のカタログ写真

このDWP37710という商品の画像をネットで「玄関灯」「ポーチライト」で探したんですが住宅に設置した画像がほとんどなく、カタログの写真ばかりが出てきたので、実際に付いたときの見た目がどうなるか、ずっと気になってました。

実際にDWP37710を玄関灯(ポーチライト)が付いた状態はこんな感じになりました。

ちょっと遠目から玄関全体を見るとこんな感じです。

DWP37710の玄関灯設置

玄関ポーチから、見上げるとこんな感じ。
下はガラスがなくオープンになってます。

DWP37710を見上げる

真下から覗き込むとこんな感じで電球が見えます。
思ったよりも小さな電球でした。
壁側にある人感センサーもよく見えます。

DWP37710の下側

横からみると玄関灯が宙吊りになってないのがよくわかります。

DWP37710の横側

玄関灯では色をブラックにするかブラウンにするかでも悩みましたが、ブラウンにして良かったです。

同じ住宅性能で建築費用が安いのはどっち?

高性能住宅は費用が高いのが常識。

だけど、大手ハウスメーカーと同程度の性能で200万円以上安い住宅会社があったら?

実はそんなことがありえるのが建築業界です。

200万円あったら、システムキッチンやシステムバスをワンランク上にすることだって余裕ですし、部屋をホームシアターにするプロジェクターの設置だってできます。

注文住宅を安く建てるなら見積りを比較することは絶対にやっておくべきです。

手間はかかりますが、やって損をすることはありませんし、やらなかった方が家を買ってから後悔する可能性が高いです。

見積もりをもらうのが面倒な場合は、こちらの一括見積もりを使うと簡単です。

↓↓↓