「登記事項証明書」を申請するにはブルーマップの「地番」が必要

住宅ニュース・話題

新築の住宅を購入するために土地の購入をする前に
購入する土地の登記を確認しておこうと思い法務局に行って
「登記事項証明書」を申請していきました。

「登記事項証明書」を申請するのがはじめてだったので
法務局に入るだけでかなり緊張しました。

「登記事項証明書」を申請する方法を調べてから
初めて知ったのですが、申請するためには土地の住所ではなく
その土地の「地番」というものが必要になります。

この「地番」というのが厄介で
普通の地図やグーグルマップには載ってません。

土地の「地番」を調べるにはその土地の「地番」が
載っている「ブルーマップ」という専用の地図で
調べないといけません。

この「ブルーマップ」は普通に販売されているのですが
購入すると数万円する高いものなので1〜2件調べるために
購入するのはもったいないです。

わたしもこの「ブルーマップ」はどこで観れば良いか
わからなかったのですが、法務局に「ブルーマップ」を閲覧する
場所があって普通に置いてありました。

「ブルーマップ」には普通の住所の番地が書かれていませんので
実際の地図と比較しながら調べると間違わずにその土地の「地番」を
調べられると思います。

わたしは土地の「地番」がわからなかったので
法務局まで行きましたが、「地番」がわかっていれば
法務局まで行かなくてもインターネット上で「登記事項証明書」を
申請することもできるみたいです。

住宅カタログはどこでも同じ?いいえ、同じ無料請求でも特典付きがあります。

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ