新築住宅のインターネット回線(光回線)でおすすめなのは?

インターネット回線

新築に引っ越す時にはインターネットを快適に利用するために光回線にしようと思ってます。

でも、いざ調べてみるといくつも会社があって、どれが良いのか悩んでしまいました。

光回線はドコモ速度的には大差ないと思っているのですが、悩むところはやっぱり価格です。

そんなわけで、今回は光回線の速度と価格を比較してどこがおすすめなのかを調べてみました。



現在は光回線を使わずにモバイル回線を家でも使っている

現在はモバイルインターネットのWiMAXを使って家と外で利用しています。

今ではもっと早いWiMAX2+(下り最大440Mbps)がありますが、わたしが使っているのは1世代前のものなので、もっと通信速度が遅いです。

WiMAXの詳細はこちら → WiMAX2+

ネットにかかる通信費は4,000円程度で、固定電話とネットの月額利用料金を合わせると5,200円程度になります。

このままWiMAXを使い続けても良いのですが、モバイル通信だと場所によって電波状態が悪くなるので、引っ越し先の住所では使えない可能性があります。

なので、新築する住宅にはインターネット回線は高速な光回線か、ケーブルテレビで契約をしたいと考えてます。

高速インターネットができる会社を比較してみる

まずは、インターネット回線を提供している光回線やケーブルテレビの会社をリストアップしていきます。

■フレッツ光(NTT東日本)
—————————————————————————————-
速度:下り 200Mbps 上り 100Mbps
月額:6,200円〜
ネット(5,200円)+プロバイダ(500円〜)+電話(500円)

■auひかり
—————————————————————————————-
速度:下り 1000Mbps 上り 1000Mbps
月額:5,700円
ネット(5,200円)+電話(500円)

■NURO光
—————————————————————————————-
速度:下り 2000Mbps 上り 1000Mbps
月額:5,243円
ネット(4,743円)+電話(500円)

■J:COM(ケーブルテレビ)
—————————————————————————————-
速度:下り 160Mbps 上り 10Mbps
月額:5,980円(ネット+電話)

ちなみに各サービスの月額は割引表示無しの通常価格です。

最初の2年間は値引きされるので、この価格よりも安くなりますが光回線は一度設置したら滅多なことでは変えないと思います。なので、10年くらいは利用すると考えて通常価格で比較していきます。

NURO光が安くて速いけど、地域が限定される

こうして各会社の速度と価格を比較してみると「NURO光」が一番安くて速いです。

NURO 光

キャッシュバックもあるので、「NURO光」にしようと思ったのですが、まだ新しく始まったサービスなので、2014年3月の時点では新築住宅の住所がサービス対応エリア対象外で利用することができませんでした。残念。。。

「フレッツ光」はNTTなので安心感がありますが費用がちょっと割高だし、「auひかり」よりも速度は遅いのが気になります。

「J:COM」はケーブルテレビなので速度は遅いですが、実際に使用したときには一番速度が安定しているような気もします。

まあ、速度については実際に使ってみないとわからないのですが速度の理論値が大きい方が実際の速度もそれに比例して速くなるだろうと思います。

そう考えると「auひかり」の下りの最大速度の理論値が1000Mbpsなら、実際に使ったときの速度が理論値の1/10だったら100Mbps、理論値の1/20だったら50Mbpsは出るってことになります。

同じように考えると「フレッツ光」の理論値200Mbpsなら1/10だったら20Mbps、1/20だったら10Mbpsです。

「J:COM」の理論値160Mbpsなら1/10だったら16Mbps、1/20だったら8Mbpsです。

光回線ではなくADSLでは電話局からの距離が遠ければ遠いほど速度が遅くなるということがありました。

ちなみに、現在利用しているWiMAXは理論値40Mbpsですが、いくつかのサイトでスピードテストをしましたが6〜11Mbps程度でした。スピードテストはサイトによって結果が違いますが一番速いところでも11Mbps程度なので理論値の3割程度の速度ですね。

光回線やケーブルテレビなら距離はあまり関係はないとは思いますが同じ回線に利用者が集中した場合は速度が遅くなる可能性があるので回線状態が悪い場合もあるということも考えておいた方が良いと思います。

でも、さすがに理論値の1割程度しか速度が出ないってことはほとんどないと思いますが、どうでしょうね?

固定電話を使うなら「auひかり」が良い

今住んでいるアパートでは電話回線が「J:COM」を利用しているので、新築でも引き続き「J:COM」を使おうかと思っていたのですが、「auひかり」の方が速度が速いので、「auひかり」で契約しようと思ってます。

現在は固定電話+ネットで5,200円程度なので「auひかり」の月額5,700円ならプラス500円程度で高速な光回線になるし、サービスエリアもNURO光よりも広いので、新しい住所でも問題なく利用できます。

わたしと同じように新築の光回線でどこにするか迷っているなら「NURO光」が一番のおすすめです。
「NURO光」のサービス地域になっていないなら「auひかり」が良いと思います。

安くて速い!auひかり

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ