住宅カタログだけが欲しい!しつこく営業されずにもらう方法

ハウスメーカーの住宅カタログ

あなたは、将来家を購入するときのために住宅カタログが欲しいと思ったことはありませんか?

住宅カタログはハウスメーカーのモデルルームや住宅展示場へ行けば無料でもらえます。

しかし、家を買う予定がないのに住宅展示場へ行くのってなかなか勇気が入りますよね。

そんなときに住宅カタログだけを気軽にもらう方法があるので紹介していきます。

この方法を使えば、家にいながら複数の住宅カタログを簡単に集めることが可能です。

ハウスメーカーのホームページから住宅カタログを請求する

もっともシンプルな方法は、気になるハウスメーカーのホームページを表示して、そこから住宅カタログを請求する方法です。

グーグルなどの検索エンジンで「ハウスメーカー」と入力して検索すれば、大手ハウスメーカーが続々と出てきます。

そこから気になるハウスメーカーを選んで順番に資料請求していけば良いです。

ただ、この方法には問題が一つあります。

それは、一社づつ資料請求する必要があるので、毎回資料送付先となる住所を入力する手間がかかるってことです。

まあ、2〜3社なら大した手間じゃないですが、気になる会社が10社以上となると資料請求するだけでも相当な手間になります。

わたしも家を建てる時に一社一社、資料請求をしていきましたが、ホームページに行って資料請求ページを探して、何度も同じ作業をするのがどんどん苦痛になってきました。

また、会社によってちょっとづつ入力項目が違っているのもちょっとイラッとするポイントです。

住宅カタログが欲しいだけなのに無駄に手間がかかるなら、「やっぱり今度でいいや」って、なっちゃいますよね。

なので、もっと簡単に、手間をかけずに住宅カタログをもらう方法があります。

一括資料請求サイトを使う

それは「一括資料請求サイト」です。

一括資料請求サイトの最大のメリットは、手間がほとんどかからないってこと。

  • 希望に合うハウスメーカー・住宅会社がすぐに見つかる
  • ホームページのように資料請求ページを探す必要がない
  • 複数社のカタログをもらう場合でも送付先の入力は一度だけ

希望に合うハウスメーカー・住宅会社がすぐに見つかる

ハウスメーカーのホームページから一社づつ資料請求した場合、まずはハウスメーカーを探します。

もし、ハウスメーカーの名前がわからなかったり、知らないハウスメーカーを探したい場合はホームページを見つけるだけでも手間がかかります。

しかし、一括資料請求サイトを利用すれば、大手ハウスメーカーを始め、全国の住宅会社が登録されています。

あなたの希望する条件を選択、または検索することで希望にあった住宅会社を素早く見つけることが可能です。

ホームページのように資料請求ページを探す必要がない

そして、「一括資料請求サイト」は資料請求することに特化したサイトなので、地域や予算などの条件で検索すれば、希望に合うハウスメーカーをリスト表示して簡単に資料請求することができます。

複数社のカタログをもらう場合でも送付先の入力は一度だけ

10社のハウスメーカーへカタログ請求をした場合でも、入力作業は一回で終わります。

ハウスメーカーのホームページで資料請求をすると、会社ごとに送付先などを入力するのですが、けっこう大変です。

「住所入力ぐらい大した作業じゃないでしょ?」

と思われるかも知れませんが、十社以上にカタログ請求すると同じ作業を何度も繰り返すので、どんどんカタログ請求するたびに面倒になってくると思います。

その点、一括資料請求なら複数社のカタログを選んで、最後に住所を一度入力するだけなので無駄な手間がまったくありません。

すでに資料請求をしたことがあるなら「もっと早く知っていれば!」と後悔するかもしれません。

資料請求すると電話でしつこく営業される?

ハウスメーカーからの電話

あなたはひょっとしたら、

「資料請求をするとしつこい営業電話がかかってくるから嫌だな」

と思っていませんか?

確かに、住宅カタログなどの資料請求をするとハウスメーカーから電話がかかってくることがあります。

向こうも商売ですから、あなたが家を買う気があるのかを確認したいわけです。

なので、資料請求をしたら、最低でも一回は電話があると思ってください。

大切なのは、その時の電話での受け答えです。

営業担当者に「住宅購入をご検討中ですか?」を聞かれた時に

「近いうちに購入したいと思ってます。」

「良い物件があれば購入したいです。」

「家が欲しいけど、具体的には決めてません。」

などと答えれば営業担当者は「家を購入する可能性がある!」と思って積極的に営業をしていきます。

あなたが本当に家を購入したいなら、売り込みの営業も迷惑にならないかも知れません。

しかし、今はまったく家を買うつもりがなく、勉強のためにカタログが欲しかったら、営業されても迷惑ですよね。

なので、営業担当者に住宅について聞かれたら、

「今は住宅購入は考えていませんが、勉強のために資料請求しました。」

と素直に言えば、しつこい営業をされることはありません。

営業担当者も売上につながらないお客さんに時間を使うほど暇ではないですから。

家づくり初心者にもわかりやすい一括資料請求サイト

一括資料請求サイトはいくつかあるのですが、家づくり初心者だと建築工法など細かく検索できても使いこなせない可能性があります。

それよりも、予算や地域、こだわりなどの条件で会社を簡単に探せる方が迷わずに済むことが多いです。

住宅知識がなくても、希望する住宅会社を簡単に探したいなら、住宅会社の掲載数の多く、わかりやすいサイトが良いです。

以上の条件を満たすサイトがこちらです。

ライフルホームズ

住宅会社登録数で日本最大級、テレビCMもやっているので一度は聞いたことがあるかもしれませんね。

大手企業が運営しているので、掲載されている住宅会社もしっかり審査された企業だけなので、悪徳業者がいないという安心感があります。

住宅会社のカタログ請求が面倒だと感じているなら、ぜひ一括請求サイトを利用してみてください。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたへのおすすめ記事

ページの先頭へ