ネットで住宅ローンの仮審査を一括申請して金利を比較できるサービス

住宅ローン

住宅ローン

あなたは住宅ローンをハウスメーカーから薦められた金融機関にしようと思っていませんか?

でも、それだと損をしますよ。

住宅ローンは比較しないと損をする

住宅ローンを借りる金融機関はあなたの好きなところから借りることができます。

つまり、ハウスメーカーの薦める金融機関から住宅ローンを借りなくても、メガバンクなどの大手銀行だけでなく、地方銀行やネットバンクなど選択肢はたくさんあります。

複数の住宅ローンを比較すれば、安い金利や保障内容・サービスの違いがわかり、あなたにとって最適な住宅ローンを見つけることができます。

住宅ローンで安い金利で建築費用を少しでも下げるには「積極的な行動」が大切です。

「積極的な行動」とは住宅ローンを比較することです。

しかし、1社1社別々に住宅ローンの審査を申し込むのは大変なので複数の金融機関へ一括審査ができる「住宅本舗」をおすすめします。

→ 住宅ローン一括審査申込はこちら

住宅ローンで比較するところは金利だけじゃない?!

住宅本舗では、メガバンクの他に、地方銀行やネットバンクへ審査申し込みができます。

特にネットバンクには、他銀行よりも審査が甘かったり、金利が低い傾向があるなどの特徴があります。

住宅ローンでは金利や手数料の安いところばかりに目が行きがちですが、最近の住宅ローンは保障や特典・優遇サービスが利用できるものが増えてきたので、単純に金利・手数料の安さだけでは比較できなくなってきています。

例えば、8大疾病保障が無料で付く、買い物が割引で買える、固定・変動の切り替え可能、家事代行サービスなど様々なサービスが付きます。

もし、同じ金利でこれらのサービスがあるところとないところがあるなら、サービスが付いている方がお得です。

住宅ローンを借りる時には、金利だけでなく、サービス内容も合わせて比較して一番条件の良いところを選びましょう。

住宅ローン審査に落ちた!?慌てないために早めに行動を

家を建てるときに避けて通れない住宅ローンですが、一つの金融機関しか審査しない人がほとんどです。

しかし、一社だけに申し込みをして審査に落ちたり、希望する金額を借りられなかった場合は、また別の金融機関に申し込みをしなければなりません。

住宅ローンの必要書類を揃えたり、審査の時間を考えると1ヶ月以上かかるので、慌てないためにも速めに行動をして、複数の金融機関へ同時に審査申し込みをしましょう。

複数の金融機関に審査を申し込んでも何も問題ないので、積極的に利用するとあなたに最適な住宅ローンが見つかります。

→ 住宅ローン一括審査申込はこちら

複数の金融機関を比較するメリット

住宅本舗を利用するとどんなメリットがあるか、資料をもらうことができたので掲載しておきます。

住宅本舗のメリット


住宅ローン一括審査申込はこちら

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ