HOCOLIFE

「家が欲しい」家づくり初心者に教えたい注文住宅で失敗しないための知識と体験談

住宅購入時にかかる税金について

住宅を購入するといろいろな税金がかかるのですが
どんなものがあるのか調べてみました。

税金を大きく分けると以下の3つに
分けられます。

・ 住宅購入時にかかる税金
・ 住宅保有時にかかる税金
・ 住宅売却時にかかる税金

住宅購入時にかかる税金

  • 印紙税
  • 登録免許税
  • 不動産取得税
  • 消費税

不動産の登記などの手続きで税金がかかります。
「消費税」については個人での住宅・土地の売買には
非課税ですが仲介業者を通すと住宅や仲介手数料などに
課税されます。

住宅保有時にかかる税金

  • 固定資産税
  • 都市計画税

住宅保有時に課税される税金は2つで
不動産(土地・建物)を保有している人全員に課税されます。
しかも保有している限り毎年払わなければなりません。

「固定資産税」はわかりやすいですが
「都市計画税」はわかりづらいですが
東京などの都市部だけではなく地方に不動産を
持っている人も払わなければならない税金です。

住宅売却時にかかる税金

  • 譲渡所得税

住宅を売却したときに得た利益に対してかかる税金です。
購入時の価格と比較して課税されるのですが
控除制度がいろいろあるため課税されない場合もあります。

住宅を購入・所有するときにどのような税金が
かかるのかを観てきましたが、税金は計算がけっこう複雑なので
わたしはすぐには理解できませんでした。

まあ、どんな税金の種類があるのかが
わかっただけでも良しとしましょう。

同じ住宅性能で建築費用が安いのはどっち?

高性能住宅は費用が高いのが常識。

だけど、大手ハウスメーカーと同程度の性能で200万円以上安い住宅会社があったら?

実はそんなことがありえるのが建築業界です。

200万円あったら、システムキッチンやシステムバスをワンランク上にすることだって余裕ですし、部屋をホームシアターにするプロジェクターの設置だってできます。

注文住宅を安く建てるなら見積りを比較することは絶対にやっておくべきです。

手間はかかりますが、やって損をすることはありませんし、やらなかった方が家を買ってから後悔する可能性が高いです。

見積もりをもらうのが面倒な場合は、こちらの一括見積もりを使うと簡単です。

↓↓↓