住宅ローン

あなたは住宅ローンをどこから借りる予定ですか?

「住宅ローンはよくわからない」と、ハウスメーカーに相談して、そのまま薦められた金融機関で住宅ローンを決めてしまう人がほとんどです。

でも、それってあなたにとって本当に最適な住宅ローンですか?

ハウスメーカーの薦める金融機関から住宅ローンを借りなくても、メガバンクなどの大手銀行だけでなく、地方銀行やネットバンクなど選択肢はたくさんあります。

それなのに、よくわからないという理由だけでハウスメーカーが薦める住宅ローンに決めてしまう。

なんてもったいないのでしょう。

他の金融機関の住宅ローンを利用すれば、0.1%安い金利で8大疾病保障などの特典サービス付きで借りられたかもしれません。

0.1%なんてたいしたことないと思いがちですが、住宅ローンでは大きな違いになります。

たった0.1%の金利の違いでも35年だと50万円以上の差額になることがあります。

少しでも安い金利で住宅ローンを借りるためには「攻めの姿勢」が大切です。

「攻めの姿勢」といっても簡単なことをするだけです。

住宅ローンを比較するだけです。

しかし、1社1社別々に住宅ローン審査を申し込むのは大変なので、「一括審査」を利用すると簡単に申し込めます。

→ 住宅ローン一括審査申込はこちら

住宅ローンは金利・手数料の他にも比較するところがある

一括審査では、メガバンクの他に、地方銀行やネットバンクへ審査申し込みができます。

特にネットバンクには、他銀行よりも審査が甘かったり、金利が低い傾向があるなどの特徴があります。

住宅ローンでは金利や手数料の安いところばかりに目が行きがちですが、最近の住宅ローンは保障や特典・優遇サービスが利用できるものが増えてきたので、単純に金利・手数料の安さだけでは比較できなくなってきています。

例えば、8大疾病保障が無料で付く、買い物が割引で買える、固定・変動の切り替え可能、家事代行サービスなど各金融機関によって様々なサービスが受けられます。

同じ金利でも、これらのサービスがある金融機関とない金融機関があるなら、ある方を選択した方が得なのは言うまでもありません。

金利・手数料が安いところ、それに加えてサービスの充実している一番条件のいいところを選びましょう。

住宅ローン審査に落ちた!?慌てないためにも早めの行動を

家を建てるときに避けて通れない住宅ローンですが、一つの金融機関しか審査しない人がほとんどです。

しかし、一社だけに申し込みをして審査に落ちたり、希望する金額を借りられなかった場合は、また別の金融機関に申し込みをしなければなりません。

住宅ローンの必要書類を揃えたり、審査の時間を考えると1ヶ月程度かかるので、慌てないためにも速めに行動をして、複数の金融機関へ審査申し込みをしておいた方が安心です。

複数の金融機関に審査を申し込んでも問題になることはないので、積極的に利用してあなたに最適な住宅ローンを見つけましょう。

→ 住宅ローン一括審査申込はこちら